CURIOSITIES

エリック・クラプトン、本日78歳に:『スローハンド』からレコードまで、ギタリストの興味深い事実

エリック・クラプトンは、1945年3月30日、イギリスのサリー州のリプリーで、16歳のパトリシア・モリー・クラプトンと、25歳のエドワード・ウォルター・フライヤー(息子の出産前に第二次世界大戦の最終局面に参加し、その後モントリオールに戻ったカナダ兵)の間に生まれました。

エリック・クラプトンは、ソロとしても、ヤードバーズやクリームで活躍した局面でも、史上最も愛されたギタリストの一人であると同時に、史上最も才能のあるギタリストの一人です。

今日78歳になるエリック・クラプトンについて、あなたが知らないかもしれない楽しい事実をいくつか紹介しましょう。

Getty Images
エリック・クラプトン、お誕生日おめでとう!
エリック・クラプトンは、1945年3月30日、イギリスのサリー州のリプリーで、16歳のパトリシア・モリー・クラプトンと、25歳のエドワード・ウォルター・フライヤー(息子の出産前に第二次世界大戦の最終局面に参加し、その後モントリオールに戻ったカナダ兵)の間に生まれました。エリック・クラプトンは、ソロとして、またヤードバーズやクリームで活躍した時期の両方で、史上最も愛されたギタリストの一人であると同時に、史上最も才能のあるギタリストの一人です。今日78歳になるエリック・クラプトンについて、あなたが知らないかもしれない興味深い事実をいくつか紹介しましょう。
Getty Images
幼い頃、エリック・クラプトンは自分の母親を姉だと信じていた
エリックが生まれたとき、彼の母親はまだ16歳でした。そのためエリックは、母親を自分の姉だと信じていました。実際、クラプトンは幼少期、母方の祖母とその2番目の夫のもとで育ち、2人とも自分の両親だと考えていました。エリックに音楽への愛情を芽生えさせたのは祖母であり、自身も音楽家であり、特にピアノが好きでした。
Getty Images
ニックネーム "Slowhand "の由来
エリック・クラプトンの最も有名なニックネームのひとつが「スローハンド」であり、これは彼の全ディスコグラフィーの中でも最も人気のある1977年のアルバムのタイトルでもあります。このニックネームは、1964年、ヤードバーズのマネージャー、ジョルジオ・ゴメルスキーのアイディアに由来するようです。コンサート中、エリックがあまりに速く演奏したため、ギターの弦が切れてしまい、それを交換するのに時間がかかったことから、「スローハンド」と呼ばれるようになりました。
Getty Images
記録・受賞歴
エリック・クラプトンは、その輝かしいキャリアを通じて、多くの賞や栄誉を受けてきました。例えば、ソロアーティストとして、またヤードバーズとクリームのメンバーとして、ロックの殿堂に3度入った唯一のミュージシャンです。さらに、このシンガーソングライターは17回以上グラミー賞を受賞し、ローリングストーン誌の「史上最高のギタリスト100人」で2位に選ばれています。
Getty Images
エリック・クラプトンとジミ・ヘンドリックスの友情
エリック・クラプトンとジミ・ヘンドリックスは、そのギターの才能からしばしば比較されることがあります。ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最高のギタリストのリストでも、エリックの前にいるのはジミだけです。一部のジャーナリストは、2人のギタリストの間にはライバル関係があると信じていましたが、実際には非常に親しい友人でした。2人は1966年にセントラル・ロンドン・ポリテクニックで出会いました。ジミはクリームの大ファンで、クラプトンに「キリングフロア」を演奏して一緒にステージに立たないかと誘い、演奏は成功しました。ヘンドリックスの死後、クラプトンはしばしばライブのオープニングをジミの1967年の曲「リトル・ウイング」で飾るようになるなど、2人は何度も再会しました。
Getty Images
世界でいちばん悲しい歌
2013年、ローリングストーン誌は読者に「世界で最も悲しい曲は?」と題するアンケートを取りました。その調査の結果、トップは1992年のエリック・クラプトンの曲「Tears in Heaven」であることが判明した。クラプトンは、イタリア人のローリー・デル・サントとの交際で生まれた息子コナーを偲んで、この曲を書きました。コナーはわずか5歳のとき、ニューヨークの高層ビル53階のアパートの窓から転落し、即死してしまったのです。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.