過去から

50年前の「アラジン・セイン」発売:デヴィッド・ボウイの歴史的アルバムに関するいくつかの興味深い事実

1973年4月13日、David Bowie の6枚目のスタジオ・アルバムAladdin Saneが全世界で発売されました。シンガーソングライターの日本ツアー中に発売され、発売前にすでに10万枚以上の予約がありました。

カバーアートから中の名曲まで、「Aladdin Sane 」は象徴的なアルバムとされており、Bowie のレコードプロジェクトとしては初めて、全英チャートで上位に入り、全米でもトップ20入りしました。

本日50年を迎えたAladdin Saneについて、5つの興味深い事実をご紹介します。

Getty Images
"Aladdin Sane" は1973年4月13日に発売されました
1973年4月13日、「Aladdin Sane"」は、David Bowie の6枚目のスタジオアルバムとして全世界で発売されました。シンガーソングライターが日本でtour の制作に追われている間に発売され、発売前にすでに10万枚以上の予約がありました。ジャケットアートから収録曲まで、『Aladdin Sane 』は象徴的なアルバムであり、Bowie が初めてアメリカTop 20 に進出した作品です。ここでは、今日でちょうど50年になる「Aladdin Sane 」についての5つの興味深い事柄を紹介します。
Getty Images
アルバムのインスピレーションはどこから来たのでしょうか?
このレコードを作るきっかけとなったのは、1972年にBowie が列車とGreyhoundバスを使って行ったアメリカへの旅でした。この「旅行記」はレコードに完全に反映されており、実際、Bowie が常に愛し、魅了されていたアメリカという土地に到着したヨーロッパ市民の理想的なtour を表現しています。しかし、音楽的な観点からは、David は主にrock'n'roll からインスピレーションを得ていました。特に、シンガーはこのアルバムでThe Rolling Stones の典型的なサウンドを想起させることを望んでいました。
Getty Images
タイトルの由来
このアルバムのタイトルは言葉遊びからきています。「A Lad Insane 」(「狂った男」)からきており、このレコードの制作に専念していた時期のBowie の精神状態や心境を思い起こす言葉です。このタイトルは、重度の統合失調症と診断されたDavid の弟、Terry へのオマージュでもあります。
Artwork
歴史的な表紙ができるまで
Aladdin Sane"のジャケットは、Bowie のキャリアの中で最も有名で象徴的なイメージの一つを採用しています。写真家Brian Duffy は、稲妻のデザインはElvis Presley が持っていた指輪からインスパイアされたものだと考えていましたが、実際には、シンガーソングライターの個性のニュアンスをすべて表現することを目指したイメージでした。様々なショットの中から、フォトグラファーは、顔を分断する厳しい稲妻とは対照的に、目を伏せ、瞑想的な表情の正面写真を選びました。一方、鎖骨の涙は、Duffy のアイデアです。
Getty Images
レコードはいつ、どこで作曲されたのですか?
アルバムの制作は、1972年10月6日に『The Jean Genie 』のレコーディングからNew York で始まり、アメリカでは12月上旬まで作業が続けられました。Ziggy Stardust Tour のアメリカパートが終わると、「The Prettiest Star", "Drive-In Saturday 」と「Let's Spend the Night Together」の録音セッションが続けられました。残りの曲は帰国後、ロンドンで録音され、1973年1月24日に「Panic In Detroit」で終了しました。
Getty Images
アルバムの特別レセプションの様子
発売前に、このレコードはすでに印象的な予約需要を持っていました。レビューの多くは好意的なものでしたが,イギリスでは,特にBowie の芸術的進化に関する音楽プレスからの批判に事欠かきませんでした。とはいえ、Aladdine Sane は商業的に成功し、Bowie が本国で初めてチャートのトップに立つことができ、Top 10 に27週ランクインしました。2019年12月27日、このアルバムは英国でプラチナレコードにも認定されました。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.