ホームページ

人工知能が作った曲:「AI Drake feat AI The Weeknd」の「Heart on My Sleeve」。

最近、人工知能について、その潜在的な意味合いが肯定的にも否定的にも語られ、アートを含む世界に与える影響も大きくなってきています。

人工知能は、実際、偽の写真を作成し、fake news のリスクを高め、オリジナルまたは未発表の作品を作成することもできるなど、本物と偽物を区別することは非常に困難です。

例えば、DrakeThe Weeknd の「デュエット」である「Heart on My Sleeve 」は、一見そう見えますが、実際には2人のカナダ人アーティストが作ったものではないのです...。

Getty Images
"Heart on My Sleeve" の場合
最近、人工知能について、その潜在的な意味合い、プラスとマイナスの両方、そしてアートを含む世界に対する影響について、多くの議論がなされています。実際、AIは偽の写真を作成し、fake news のリスクを高め、また、オリジナルや未発表の作品を生成することもできます。その結果、本物と偽物を区別することは非常に難しくなっています。例えば、Drake とThe Weeknd の「デュエット」である「Heart on My Sleeve 」がそうです。曲を聴くと、そのように聞こえますが、実際には2人のカナダ人アーティストによって作られたものではないのです。
Getty Images
"Heart on My Sleeve"とは何?
Heart on My Sleeve は、最近social network、特にTikTok と  Instagramの間で話題になっている曲です。ネット上では、このシングルは" AI Drake feat AI The Weeknd "のものとされており、確かに聴いてみると、カナダの2人のアーティストの声に似ていますが、実際は、彼らはこの曲を全く録音していません。
Getty Images
この曲の本当の由来は
'Heart on My Sleeve'は、実は一部人工知能で作られたものです。特別に'Ghostwriter977'と呼ばれる匿名の作者がこの曲を歌い、TikTok で公開し、その後AIを使ってThe Weeknd とDrake. のボーカル音色をゼロから生成し、信じられない結果になりました。この曲の制作は匿名となっていますが、“Laylo”というstartup が関わっていそうとのことです。
Getty Images
"Heart on My Sleeve"の成功
この曲は短期間で音楽プラットフォームstreaming やSpotifyなどのオンライン上で大流行しました 。しかし、このシングルはカナダの2人の歌手のものではなく、「Ghostwriter 」という名前のアーティストに帰属していました。この曲はその後、streaming から削除されましたが、これはまさにcopyright を侵害する可能性が高いからです。
Getty Images
"Heart on My Sleeve" が、AIがアーティストの声を再現する最初のケースではない
数ヶ月前、David Guetta は、自分のライブトラックにEminem の声を入れていました。正確には、DJが呼んだEmin-AI-em, の声、つまり、ラッパーのAIバージョン、彼の声を完全に再現したバージョンです。これは皮肉を込めた実験でしたが、結果は驚くほどオリジナルに似ていたのです。
Getty Images
“Heart on My Sleeve" のケースは、考えるきっかけを与えてくれる
AIは有名アーティストのボーカルの音色を完璧に再現することができますが、これは一般市民とレコード会社の両方に多数の疑念を引き起こしています。Financial Times Universal Music Group が報じたように、例えば、streaming のサービスに対して、AI企業が自社のプラットフォームからコンテンツを「盗用」し、それを使ってAIで歌手のスタイルを再現して曲を作ることを防ぐよう要請しています。
Getty Images
AIはcopyrightであり、音楽を制作する人の知的財産を侵害することになる
AIが楽曲の一部を不正に流用して歌声を再現することでcopyrightで侵害に当たります。そのため、Universalは、AIのサポートを受けて作られたシングルがstreaming のプラットフォームで流通することを防ぎたい考えです。Universal Music のようなレーベルの目的は、ミュージシャンとその芸術的な音楽の保護にあります。そして、この問題は私たちに投げかけます;〈将来は、人工知能がヒット曲を出すことができるのでは?〉と。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
11/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.