区分け

歴代最高のベーシスト:トップ15

ローリング・ストーン誌は、デビュー・アルバムから名曲まで、音楽にまつわるランキングをいくつも発表しているが、その中で、ベスト・ベーシストに関するランキングを見逃すことはできない。

ベースはドラムとともにリズムを刻む重要な楽器であるにもかかわらず、その役割が過小評価されることがある。そして、ベース・リフの中には、「Come Together」のような歴史的な曲の特徴を決定づけ、歴史に残っているものもある。

ローリングストーン誌は、技術的、客観的な能力だけに頼ったランキングではなく、ベース奏者が音楽文化に与えた影響や、この楽器の進化も考慮に入れている:いつも繰り返すが、音楽ほど主観的なものはなく、誰もが自分の好みや嗜好を持っているものはない。

Getty Images, Wikimedia Commons
史上最高のベーシストたち:Top 15
ローリング・ストーン誌は、ベスト・アルバムからベスト・ソングまで多くのランキングを作成しているが、その中でもベスト・ベース・プレイヤーに関するランキングは外せない。ベースはドラムとともにリズムを刻む重要な存在であるにもかかわらず、その役割が過小評価されることがある。ローリングストーン誌はこのランキングを作成するにあたり、技術的、客観的なスキルだけに頼らず、ベーシストが音楽文化に与えた影響や、この楽器の進化に与えた影響も考慮した。私たちはいつも繰り返しますが、音楽ほど主観的なものはなく、人それぞれに好みや嗜好があるものなのだ!
Getty Images
15. Donald “Duck” Dunn (1941-2012)
ブッカーT&ザMG'sのメンバーであり、後にブルース・ブラザーズ・バンドにも参加したドナルド・ダンは、有名な映画「ブルース・ブラザーズ」と18年後に撮影された続編にも出演している。ライブ・エイドでエリック・クラプトン、フィル・コリンズと「Layla」を演奏したことも有名である。
Getty Images
14. John Paul Jones (1946)
ジョン・ポール・ジョーンズはレッド・ツェッペリンの歴史的なベーシスト兼キーボーディストであるが、その高い技術から、若い頃からセッション・プレイヤーやアレンジャーとしても引っ張りだこであった。ジョーンズがジミー・ペイジと出会ったのは、ジェフ・ベックのデビュー・アルバム「トゥルース」のレコーディングの時だった。
Getty Images
13. Stanley Clarke (1951)
1970年代以降、最も影響力のあるベーシストの一人であるクラークは、ソロで3回、スタンリー・クラーク・バンドで1回、リターン・トゥ・フォーエバーで1回、合計5回のグラミー賞を受賞している。
Getty Images
12. Willie Dixon (1915-1992)
伝説のレーベル、チェス・レコードのミュージシャンとして知られるウィリー・ディクソンは、シカゴ・ブルース誕生の重要人物の一人である。ディクソンはその歌で、後にロックやハードロックのアーティストに多大な影響を与え、その作品が後の音楽に影響を与えたとして、1994年にロックの殿堂入り(Early influences部門)を果たしている。
Getty Images
11. Phil Lesh (1940)
トップ10圏外には、ロックバンドのサウンドを最も再構築したバンドのひとつ、グレイトフル・デッドの歴史的ベーシストであるフィル・レッシュがランクインしている。学生時代はトランペットとバイオリンを演奏し、クラシック音楽を好んでいたフィル・レッシュは、グレイトフル・デッドの前身バンドであるウォーロックスに加入後、ベースを手にした。
Getty Images
10.Ron Carter (1937)
ロン・カーターは、ジャズとの関わりを強く持ちながら、非常に長いキャリアを通じて様々な音楽ジャンルを試してきた折衷的なダブルベーシストである。また、ジャズ史上最も多く録音されたベーシストとしてギネス世界記録を獲得している。
Getty Images
9.Paul McCartney (1942)
1960年代後半、ポール・マッカートニーは一貫してベースをマスターし始め、「Come Together」、「Lucy in the Sky With Diamonds」、「A Day in the Life」といったビートルズの傑作のいくつかを強化した。しかし、マッカートニーは後に、ファブ・フォーの時代にはこの楽器を弾きたくなかったと明かしている。「誰もベースを弾きたがらなかった。少なくとも、あの頃は誰もやりたがらなかった」とポールはインタビューで語っている。
Chris Hakkens, Wikimedia Commons
8.Jaco Pastorius (1951-1987)
ジャコ・パストリアスのキャリアは非常に短かったが、ベースギターの世界、そして音楽全般、特にフュージョンというジャンルにおける革命児と見なされることを妨げることはなかった。その独特のスタイルにより、彼はエレクトリック・ベースの概念を再定義し、作曲においてエレクトリック・ベースを背景から主役へと引き上げた。
blu-news.org, Wikimedia Commons
7.Larry Graham (1946)
ファンクバンド「スライ&ザ・ファミリー・ストーン」の歴史的メンバーであるラリー・グラハムは、スラップ奏法のパイオニアの一人とされている(スラップを最初に使ったのは彼という説もあり)。音楽とリズムは、グラハム家に生まれながらにして備わっている才能である:ラリーは、有名なラッパー、ドレイクことオーブリー・グラハムの父方の叔父にあたる。
Getty Images
6.Jack Bruce (1943-2014)
ジャック・ブルースは、エリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカーと並ぶクリームの3人の歴史的メンバーの一人である。ジェイク・ブルースは、ベースギターの使い方の革命家とも言われ、ベースギターを補完的な楽器として使うことを強調した。
Getty Images
5.Carol Kaye (1935)
キャロル・ケイは、セッション・プレイヤーとして約1万回のレコーディング・セッションに参加している。フランクとナンシー・シナトラの「Somethin' Stupid」からリッチー・ヴァレンスの「La Bamba」(彼女はアコースティック・ギターを弾いている)まで、どの曲を聴いてもキャロルの演奏に出会う確率は非常に高く、「ミッション・インポッシブル」など多くのサウンドトラックでコラボレーションしている。キャロル・ケイはサイモン&ガーファンクルの多くの曲のクレジットにも登場し、ビーチボーイズの「ペット・サウンズ」、フランク・ザッパの「フリークアウト!」のアルバムにも参加している。
Getty Images
4.Bootsy Collins (1951)
コリンズの音楽的才能とエキセントリックなスタイルは、ファンクというジャンルの重要な進化に貢献した。実際、ブーツィー・コリンズは、新世代の他の多くのベーシストのロールモデルとみなされている。
Getty Images
3.John Entwistle (1944-2002)
「」イ・ジェネレーション」でのソロで、ザ・フーの歴史的ベーシストは多くの若者の注目を集め、その瞬間からジョン・エントウィッスルは、ベースを弾こうとする人、ベースを学びたいと思う人のロールモデルの一人となった。ジョンはまた、ベースを単なる伴奏ではなく、ソロ楽器にすることに貢献した。
Getty Images
2.Charles Mingus (1922-1979)
ルイ・アームストロング、デューク・エリントン、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、ハービー・ハンコックなど、同時代の最も才能あるジャズミュージシャンと共演したチャールズ・ミンガスは、史上最高のミュージシャンの一人と言われている。チャールズは自らを「狂った、怒れる天才」と表現するのが好きで、その特徴は彼の音楽に完璧に反映されている。
Experimento69, Wikimedia Commons
1.James Jamerson (1936-1983)
ローリング・ストーン誌が選ぶ史上最高のベーシストのトップは、モータウン・レーベルの成功に貢献したミュージシャン、ジェームス・ジャマーソン。セッションプレーヤーとして、ジャマーソンはスティービー・ワンダー、ダイアナ・ロス、ザ・ミラクルズ、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5、シュープリームスのために多くのヒット曲を録音した。彼の革新的なテクニックにより、エレキベースはポップミュージックの世界でも確固たる地位を築いたのである。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
凶暴な動物たち
29/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.