CURIOSITIES

ユーロビジョン・ソング・コンテスト:2023年大会について知っておくべきすべてのこと

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2023は、有名なソングコンテストの第67回大会で、2023年5月9日(火)に始まり、優勝者が判明する5月13日(土)の夜に終了します。

今年は、Liverpool ArenaLiverpool )で開催され、ステージ上だけでなく、スペクタクルを約束する国際的なイベントのためにすべてが準備されています。

ここでは、2023年版のEurovision Song Contest について、名称の変更から出場歌手、band まで、知るべきことをすべて紹介します!

Getty Images
Eurovision Song Contest 2023
Eurovision Song Contest 2023は、有名な歌のコンテストの第67回大会です。2023年5月9日(火)に始まり、優勝者の名前が知られる5月13日(土)の夜に終わります。今年のコンテストは、LiverpoolのLiverpool Arena で行われ、またステージ上以外でも、スペクタクルを約束するイベントのためにすべてが準備されています。ここでは、名前の変更から出場歌手や bandまで、2023年版Eurovision Song Contestについて知っておくべき事項を紹介します! 
Getty Images
最年少の出場者...
コンペティションの最年少シンガーは、「What They Say 」という曲を歌う、2006年10月24日生まれの16歳、ギリシャ人のVictor Vernicos です。
Getty Images
...そして、最年長は
最年長は、1961年7月15日生まれの61歳Damir "Mrle" Martinovicで、クロアチアの band Let 3のfrontman です。
Getty Images
Eurovisionは再参加できる
Eurovision Song Contest は、すでに参加したことがある歌手も、再び参加することができます。そのなかには4人の出場者がいて、そのうちの1人は、"Due Vite"を歌うイタリアのMarco Mengoni で、2013年に"L'Essenziale"で7位に入賞しています。
Getty Images
Eurovisionに再参加
リトアニア代表のMonika Linkyteは、2015年の第15回大会に続き、2度目の出場です。
Getty Images
Eurovisionに再参加
モルドバ人のPasha Parfeny は、2012年Eurovisionでの11位に続き、再び参加します。
Getty Images
Eurovisionに再参加
2012年に優勝したスウェーデン人のLoreenは、今回もコンペティションに参加します。
Getty Images
贔屓の国
Loreen といえば、Eurovision が収集したbookmakerデータでは、このスウェーデン人シンガーが39%の確率で最終的な優勝候補に挙げられています。2位はフィンランド(Käärijä - Cha cha cha )、3位はフランス(La Zarra - Évidemment )です。最後はルーマニアTheodor Andrei のD.G.T. (Off and On) が挙げられています。
Getty Images
チェコ共和国が名称を変更
この国は今回初めて、古典的な「チェコ共和国」という名前ではなく、よりシンプルな「チェコ」という名前で出場することになりました。この名前は、実用性の問題から生まれたようです。このため、Vesna は、チェコを代表して「My Sister's Crown 」を歌うことになります。
Getty Images
最も代表的な言語は英語
歌の中で最も頻繁に使われる言語は英語で、公用語ではない国でもそうです。21人の出場者が英語で歌い、4人が母国語と組み合わせて歌います。ちなみに、開催国代表は、Mae Mullerの「I Wrote a Song 」という曲です。
Getty Images
決勝戦のゲストは
決勝戦当日は、昨年「Stefania 」という曲で優勝したウクライナのband Kalush Orchestra が、ゲストとしてステージに立つ予定です。このパフォーマンスは、Eurovision Song Contest でよくあるように、非常にエキサイティングでスペクタクルを約束するものと期待されています。
Getty Images
UKホスティングエディション
前回、優勝(Kalush Orchestra )したウクライナでの開催が不可能となったため、英国で開催されることになりました。英国での開催は、1960年、1963年、1968年、1972年、1974年、1977年、1982年、1998年に続き、9回目となります。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.