CURIOSITIES

Elvis からBlink-182:Travis Barker とKourtney Kardashian が語るウェディングソング

2022年春、Travis BarkerKourtney Kardashian は、サンタバーバラで行われた市役所での「イエス」の後に、イタリアPortofinoで3度目の「イエス」を誓いました。結婚式は、2人の前の結婚の子供たちを含む家族全員が参加した週末の盛大な祝賀会の一部として祝われました。

それから約1年後、ゲストが撮影したプライベート映像から、この挙式のドキュメンタリー「Til Death Do Us Part: Kourtney and Travis 」が制作されました。このドキュメンタリーでは、最も美しい瞬間に寄り添うように、特別な曲がサウンドトラックとして選ばれています。

二人は、ローリングストーン誌の電話インタビューで、それぞれの曲を選んだ意味と理由を説明しました。

Getty Images
Elvis からBlink-182:Travis Barker とKourtney Kardashian が語るウェディングソング
2022年春、Travis Barker とKourtney Kardashian は、サンタバーバラで行われた市役所での「イエス」の後に、イタリアPortofinoで3度目の「イエス」を誓いました。それから約1年後、ゲストが撮影したプライベート映像から、この挙式のドキュメンタリー「Til Death Do Us Part: Kourtney and Travis 」が制作されました。このドキュメンタリーでは、最も美しい瞬間に寄り添うように、特別な曲がサウンドトラックとして選ばれています。二人は、ローリングストーン誌の電話インタビューで、それぞれの曲を選んだ意味と理由を説明しました。
Getty Images
“First Day of My Life”, Bright Eyes
個々のゲストの映像から作られた、二人の結婚式のドキュメンタリー『Til Death Do Us Part: Kourtney and Travi s』で、この曲はPortofinoでの結婚式準備のサウンドトラックとして使われています。Kardashian はそれまで、この曲を知りませんでしたが、トラヴィスに聴かせてもらって気に入ったと認めています。「彼のことをたくさん思い出します。あのシーンを見るたび、この曲を聴くたび、感動するんです」と新婦の言葉。
Getty Images
“At Last”, Etta James
Kardahian によると、 Travis Barker が反対していたにもかかわらず、ファーストダンスとしてを望んでいたそうです。他の曲も合うかもしれないし、playlist でフィーチャーすることもできたかもしれませんが、Kourtney はこの選択にとても満足しているといいます。この曲は、Portofinoでの二人のファーストダンスに添えられています。
Getty Images
“Can’t Help Falling in Love”, Elvis Presley
Elvis のこの名曲は、Las Vegas の結婚式で、Barker が雇ったそっくりさんが直接歌い(「ライブ」は著作権の関係でドキュメンタリーでは使用できなかった)、またBocelli がPortofino でサプライズ演奏して歌いました。「最初の結婚式も最後の結婚式もこの曲だった」と花嫁は言います。
Getty Images
“Love in Portofino”, Andrea Bocelli
Kim Kardashian とラッパーKanye Westが Bocelli が共演したように、妹である彼女の結婚式にも彼はKardashina-Barker でサプライズゲストとしてパフォーマンスを披露しました。招かれるべきゲストについてBarker は、「まさに伝説的だった」と語ります。「それは私たちにとって本当に特別なことでした」と、Kardashian 。 「彼は息子と一緒にパフォーマンスをして、それもとても素敵でした」
Getty Images
“Wish You Were Here”, Pink Floyd
この曲は、二人が恋に落ちた曲の一つです。一晩楽しんだ後、一緒にベッドで、Barkerが彼女がずっと好きだったこの曲を聴かせました。「誰かを見つめていて、その人に恋をしていることに気づく瞬間のひとつだった」と、Rolling Stone誌に語っています。「とても若い頃から聴いていた曲で、彼女と恋に落ちた曲というのが気に入っています」
Getty Images
“Everlong (Acoustic Version)”, Foo Fighters
Barker は、先日亡くなったFoo Fighters のドラマーTaylor Hawkinsと親交があり、彼の死にとてもショックを受けていました。新婚二人が共有するジムの時間には、Foo Fightersの音楽を聴き、Hawkins を身近に感じ、ロンドンでのトリビュート・ライヴに備えたそうです。Everlong のとき、二人は言葉を見つけることなく、ずっと抱き合っていました。「その瞬間から、その曲は私たちの一部となりました」と、Kardashian。
Getty Images
“Just Like Heaven” & “A Letter to Elise”, The Cure
二人は、The Cure のこの2曲をよく聴いており、自分たちの愛の物語を完璧に表現していると考えています。さらに、Barker は以前からThe Cure のファンでした。Kardashian も、2021年のバレンタインデーに、UtahのAmangiriホテルでこの曲を聴いたことを覚えています。
Getty Images
“Fly Me to the Moon”, Frank Sinatra
また、二人の共通点は、American SongbookとSinatra、Etta James、Nat King Cole のようなジャズスタンダードが大好きで、これらはすべてplaylist に登場します。二人が好きな音楽のジャンルであり、ドキュメンタリーに登場しないわけがありません。
Getty Images
“All the Small Things”, Blink-182
Barkerによると、過去にこの曲を嫌っていたにもかかわらず、自分の音楽がこのような親密で特別な瞬間に使われることを嬉しく思っていると彼は認めています。All the Small Thingsについて、あるとき、「この曲は絶対に演奏したくないし、二度と聞きたくない」と言っていました。そして、「この曲は本当に素晴らしい」と思うようになったのです。そして、「自分が書いたものを誇りに思うのです」と。
Getty Images
“Tired of Being Alone”, Al Green
ドラマーである彼は、Al Green の歌詞が彼らのストーリーをよく表していると考えており、特に、付き合う前に長い間友人であったことが、長年にわたってどのように発展していったかを表現していると言います。「僕ら2人は、一緒になる瞬間はパワフルで、それをコントロールすることはできないだろうと思っていました。私たちが一緒になったのは、一人でいることに疲れていた時期でした。恋愛関係として一緒になるずっと前から、お互いのために家にいたのです」とBarkerの言葉。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
11/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.