ホームページ

ルイス・カパルディ「トゥレット症候群が悪化したら、音楽をやめるかもしれない。

2022年9月、スコットランドのシンガーソングライターLewis Capaldi が、Tourette 症候群を患い、生活やライブパフォーマンスに影響を及ぼしていることを明かしました。

Someone You Loved 」など多くのヒット曲を出した歌声を持つ彼は、歌唱中にTourette の発作を起こし、コンサートを中断せざるを得なかったことが何度もあり、最も困難な時期に彼の代わりに曲を完成させるなど、ファンが彼を支えてきました。

そんな彼が、The Sunday Times のインタビューで、自分を苦しめている健康問題が、音楽制作をやめてしまうかもしれないほど、自分のキャリアに影響を与えていることを認めました。以下は彼の言葉です。

Getty Images
Lewis Capaldi 、引退の可能性
2022年9月、スコットランドのシンガーソングライターLewis Capaldi が、Tourette 症候群を患い、生活やライブパフォーマンスに影響を及ぼしていることを明かしました。「Someone You Loved 」など多くのヒット曲を出した歌声を持つ彼は、歌唱中にTourette の発作を起こし、コンサートを中断せざるを得なかったことが何度もあり、最も困難な時期に彼の代わりに曲を完成させるなど、ファンが彼を支えてきました。そんな彼が、The Sunday Times のインタビューで、自分を苦しめている健康問題が、音楽制作をやめてしまうかもしれないほど、自分のキャリアに影響を与えていることを認めました。以下は彼の言葉です。
Getty Images
Lewis Capaldi、Tourette症候群との共存が難しい
昨年9月に自身のInstagram でライブをした際、スコットランドのシンガーは、自分がしばしば不随意の神経収縮を経験する理由を発見したことを明らかにしました。"どうやら私は物心ついたときからこの症状に悩まされていたようで、最悪なのは、ストレスがあるときや嬉しいときに症状が出ることです。ある日はより難しく、ある日はそうでもない"とLewisは語りました 。
Getty Images
Tourette の攻撃を受けるとLewis はどうなるのか? 彼の言葉
「Someone You Loved」 の声の主は、彼が苦しんでいる発作がどのようなものであるかを説明した。“時々、左肩が上がり、頭が突然ピクピクする”」。さらに、Jonathan Ross Show にLewis がゲスト出演した際、多くの人が彼の突然の動きを薬物のせいだと思っていましたが、明らかにそうではない、と明らかにしました。
Getty Images
Lewis Capaldi、音楽界からの引退の可能性について、その言葉
The Sunday Times の取材に対し、スコットランドのシンガーソングライターは、精神状態が改善しない場合、音楽界から引退する可能性が現実的かつ具体的であることを明らかにしました。Lewis は、この選択の背景には、他の病気があると説明しています。
Getty Images
Capaldi 、なぜ引退を考えたのか
Lewis はTourette に加え、不安発作や、いわゆる「詐欺師症候群」(自分の成功を内面化できない心理状態)に悩まされていることを説明しました。
Getty Images
Lewis Capaldi の障害の症状は、音楽を扱う際に発生します
Capaldi が言うには、その病気の多くは、残念ながら、新しい音楽を作らなければならないときに現れるからだ、と言います。また、トゥレット症候群のチック症は、主にコンサートでの演奏時に発症します。
Getty Images
今後のレコーディングプロジェクト
2023年5月19日、Lewis Capaldi は、2枚目のスタジオ・アルバム『Broken by Desire to Be Heavenly Sent 』をリリースします。このアルバムからは、すでに2枚のチャートトップ・シングルが抽出されています。1枚目は2022年9月にリリースされた「Forget Me 」、2枚目は12月にリリースされた「Pointless 」で、作詞はEd Sheeran です。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.