区分け

史上最高のラブソング

ロックなラブソング、切ないラブソング、とてもロマンチックなラブソング:もしあなたが捧げるロマンチックな曲を探しているのなら、「VH1」がまとめた、歴代のベストラブソング100をランキングしたこのリストを見てください。

「VH1」は1985年に設立された歴史ある米国の衛星チャンネルで、当初はボン・ジョヴィ、ティナ・ターナー、エルトン・ジョン、スティング、ダイアナ・ロス、ケニーG、アニタ・ベイクなどの有名アーティストを含む音楽ビデオの放送だけに特化していました。

ここでは、「VH1」による、史上最高のラブソング10選をご紹介します。

Artwork
「VH1」による、最高のラブソング
ロックなラブソング、切ないラブソング、とてもロマンチックなラブソング:もしあなたが捧げるロマンチックな曲を探しているのなら、「VH1」がまとめた、歴代のベストラブソング100をランキングしたこのリストを見てください。「VH1」は1985年に設立された歴史ある米国の衛星チャンネルで、当初はボン・ジョヴィ、ティナ・ターナー、エルトン・ジョン、スティング、ダイアナ・ロス、ケニーG、アニタ・ベイクなどの有名アーティストを含む音楽ビデオの放送だけに特化していました。ここでは、「VH1」による、史上最高のラブソング10選をご紹介します。
Artwork
10. I Don't Want to Miss a Thing - エアロスミス
エアロスミスから「VH1」によるTOP10を飾ります。ダイアン・ウォーレンが書いた「I Don't Want to Miss a Thing」は、マイケル・ベイが監督した映画『Armageddon』のサウンドトラックの一部です。この曲は、エアロスミスの曲としては初めてビルボード100の1位でデビューし、4週間その座を守りました。
Artwork
9. I'll Be There - ザ・ジャクソン5
「I'll Be There」は、ジャクソン5がモータウン・レーベルのために録音しました。1992年、マライア・キャリーがトレイ・ロレンツとのデュエットでこの曲をカバーし、MTVアンプラグドでの激しいライブパフォーマンスでも歌いました。
Artwork
8. Your Song - エルトン・ジョン
「Your Song」の歌詞はバーニー・トーピンが書いたもので、男の子が女の子に抱く気持ちを明確に表現しています。そのため、エルトン・ジョンはこの曲のために甘く洗練された音楽を作り、「Your Song」はシンガーソングライターのレパートリーの中で最も愛される曲のひとつとなりました。
Artwork
7. Endless Love - ライオネル・リッチー&ダイアナ・ロス
「Endless Love」は、フランコ・ゼフィレッリ監督による1981年の映画『Endless Love』のタイトル曲で、若いジェイド(ブルック・シールズ)とデビッド(マーティン・ヒューイット)のラブストーリーを中心に、少年たちのそれぞれの家族によって阻止された物語を描いています。1994年には、マライア・キャリーとルーサー・ヴァンドロスもこの曲の自作を録音しています。
Artwork
6. Unchained Melody - ザ・ライトゥース・ブラザーズ
6位は、アレックス・ノース作曲、ハイ・ザレ作詞の大人気曲「Unchained Melody」です。VH1では、有名な恋愛映画『Ghost』に収録されているザ・ライトゥス・ブラザーズのバージョンを紹介していますが、この曲には、さまざまな言語で500以上のバージョンが存在します。この曲の最も有名なカバーには、ジミー・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ハリー・ベラフォンテ、エルビス・プレスリーなどがいます。
Artwork
5. Maybe I'm Amazed - ウィングス
「Maybe I'm Amazed」は、ポール・マッカートニーが1970年に書いた曲で、ビートルズ離脱という困難な時期に支えてくれた妻リンダに捧げられた曲です。1998年に癌で亡くなった妻にポールが捧げた5曲のうちの1曲で、他には「 I Will」「Two of Us」「The Lovely Linda」「My Love」があります。
Artwork
4. Open Arms - ジャーニー
「Open Arms」は、ビルボード100で6週連続2位を記録した、ジャーニーにとって最も売れたシングルです。この曲は、キーボーディストのジョナサン・カインがザ・ベイビーズに所属していた時に書いたものですが、レコーディングされることはありませんでした。そのため、パワーバラードを録音したくないという他のバンドメンバーの当初の反対にもかかわらず、このシングルはジャーニーのアルバム「Escape」のために録音されました。
Artwork
3. My Heart Will Go On - セリーヌ・ディオン
3位は、大ヒット映画『タイタニック』のメインテーマとなった痛烈なラブソングです。この曲の成功は、セリーヌ・ディオンによるもので、このシングルはアカデミー賞歌曲賞、グラミー賞では年間最優秀歌曲賞と年間最優秀録音賞の2部門を受賞しています。
Artwork
2. Love Me Tender - エルビス・プレスリー
エルビス・プレスリーは1956年9月9日のエド・サリヴァン・ショーで初めて「Love Me Tender 」を歌い、信じられないほどの成功を収めました。公演の翌日、RCAはこのシングルに対して100万件の予約を受け、発売前からゴールドレコードとなりました。 2014年にはバーバラ・ストライサンドがエルビス自身との仮想デュエットとして歌ったバージョンを発表しました。
Artwork
1. I Will Always Love You - ホイットニー・ヒューストン
「I Will Always Love You」のオリジナルはドリー・パートンですが、映画『ボディガード』のサウンドトラックに収録されたホイットニー・ヒューストンの有名なカバーを「VH1」が「最高のラブソング」の第1位に選びました。 2000万枚以上を売り上げ、女性歌手による史上最も売れたシングル、歴代6位のシングル、そしてグラミー賞の2部門(女性ポップボーカル賞と年間録音賞)を受賞した曲です。
タブレットPCとテクノロジーガジェット
14/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.