区分け

歴代ダンス曲のベスト

ダンスミュージックは、エレクトロニックミュージックの貢献もあり、数十年の間に多くの新しい要素を加えながら、大きく進化してきたジャンルです。

米国の有名な音楽雑誌「ローリング・ストーン」は、この音楽ジャンルの歴史を作り、さまざまな年代の音楽のサウンドを定義するのに役立つ、歴代のベストダンス・ソングの個人的なランキングを作成しようとしました。

もちろん、音楽の好みほど個人的なものはなく、このランキングでどの曲が絶対的なベストであるかが決まるわけではありませんが、ダンスというジャンルの歴史に名を刻んだ曲であることは確かです。

Artwork
ランキングは「Rolling Stone」が制作
ダンスミュージックは、エレクトロニクスの貢献もあり、新しい要素を加えながら、数十年の間に大きく進化してきたジャンルです。 有名なアメリカの音楽雑誌「ローリングストーン」は、この音楽ジャンルの歴史を作り、様々な音楽年代のサウンドを定義するのに役立つ、歴代のベストダンス曲のランキングを作りました。もちろん、音楽の好みほど個人的なものはなく、このランキングでも、どの曲が絶対的なベストであるかは決まっていません。
Artwork
10.ラッチ - ディスクロージャー feat.サム・スミス
ヒット曲「Latch」は、オーストラリアで6曲、アメリカで3曲、カナダ、デンマーク、イタリア、イギリス、スウェーデンで2曲、ドイツで1曲、計20曲のプラチナ記録に認定されています。また、サム・スミスのデビュー・アルバムのデラックス・エディションに収録されている、この曲のエキサイティングなアコースティック・バージョンもあります。
Artwork
9.ショウ・ミー・ラブ - ロビン・S.
ロビン・Sのデビューシングル「Show Me Love」は、スウェーデンのディスクジョッキー兼レコードプロデューサーのストーンブリッジがこのトラックを使用し、リミックスを作ったことで世界的に有名になりました。それ以来、この曲は世界中のほとんどのクラブで見かけるようになり、この曲のサンプルは後にジェイソン・デルーロ(トラック「Don't Wanna Go Home」による)やビヨンセ(トラック「Break My Soul」による)にも使われました。
Artwork
8.ムーブ・ユア・ボディ - マーシャル・ジェファーソン
「Move Your Body」は、歴史上最初の「ハウス」曲の一つです。1985年にリリースされ、当初はDJの支持を得られませんでしたが、その後、シカゴのダンスクラブでプレイされるようになり、知名度が上がり始めました。この曲は、音楽パートにピアノが使われている最初のディスコ・トラックの1つです。
Artwork
7.ダンシング・オン・マイ・オウン - ロビン
「Dancing on My Own」は、2011年のグラミー賞の「ベスト・ダンス・レコーディング」部門にノミネートされ、後にリアーナが「Only Girl (in the World)」で受賞しています。また、「ブリテンズ・ゴット・タレント」のオーディションで歌われたカルム・スコットのアコースティックバージョンも同様に有名です。
Artwork
6.Let the music play - シャノン
今回も、ダンスミュージックの最初の曲の一つであり、この音楽ジャンルの代表曲とされている曲について話しています。「Let the Music Play」はシャノンのデビューアルバムからの最初のシングルで、「フリースタイルの国際的な女王」と評されるこのシンガーの最大のヒット曲であり続けています。
Artwork
5.Last Night a D.J. Saved My Life - インディープ
1982年にリリースされた「Last Night a D.J. Saved My Life」は、エーデルワイスの「Bring Me Edelweiss」、ザ・ファイブの「If Ya Gettin' Down」、トム・ジョーンズの「Black Betty」など、この曲のサンプルを使った多くのトラックがあることからわかるように、ダンスミュージックの世界では今でも幸運を享受しています。
Artwork
4.ユア・ラヴ~フランキー・ナックルズ&ジェイミー・プリンシプル
「Your Love」も「シカゴ・ハウス」の世界に属し、この曲がリリースされレコードショップで販売されるまでの1年以上、シカゴで演奏されました。この曲の名声は、グループThe Sourceの「You Got The Love」のような、音や構成が非常によく似た曲の制作に火をつけることになったのです。
Artwork
3.グッドタイムス - シック
"Good Times "は、Billboard 100で1位を獲得したシックの2枚目のシングルで、音楽界で最もサンプリングされた曲の1つです。そのサンプルは、ロックやポップからラップやヒップホップまで、様々なジャンルの曲で見つけることができます。"Good Times "のサンプルを含む最も有名な曲は、「Rapper's Delight(The Sugarhill Gang)」、「Another One Bites the Dust(Queen)」、「Around The World(Daft Punk)」、「Rapture(Blondie)」、「She Wolf(Shakira)」などがあります。
Artwork
2.ワン・モア・タイム - ダフト・パンク
"One More Time "は、ダフト・パンクのシングルとして初めてUSビルボードTOP100にランクインし、彼らの商業的な最大の成功のひとつとなりました。松本零士がデザイン・監修したこのビデオは、後に2003年の映画「インターステラ5555」に登場するシーンのアニメです。
Artwork
1.アイ・フィール・ラヴ - ドナ・サマー
1位は1977年の「I Feel Love」で、ダンスミュージックの名作として、1980年代以降のディスコやダンスミュージックに史上最も影響を与えた曲と誰もが認めています。"I Feel Love "は、「ローリング・ストーン」誌によると、史上最高のダンス・ソングの中で1位にランクされていますが、ジョルジオ・モロダーが2016年にまとめた史上最高のディスコ・ソングのリストでもトップになっています。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.