区分け

カラオケで最も美しい曲ベスト10

ビルボードが発表した「カラオケで最も成功したプログラム10曲」のランキング。

Getty Images
ブランディ&モニカ - ザ・ボーイ・イズ・マイン(1998年)
10位は、ブランディ・レイヤナ・ノーウッドとモニカ・デニス・アーノルドのデュエット曲。この曲で二人はグラミー賞を受賞し、ダブルプラチナムレコードを獲得した。
Getty Images
ボニー・タイラー - 『皆既日食』(1983年)
第9位は、ウェールズのシンガーが歌うロックバラードで、やや荒々しい声が際立っています。
Getty Images
ガース・ブルックス - フレンズ・イン・ロー・プレイス (1990)
第8位は、カントリー、ポップス界で大成功を収めているシンガー、ガース・ブルックスの快作です。ガース・ブルックスは、3rdアルバムが正式発売前にすでに400万枚の予約を獲得し、そのまま1位を獲得したという特別な記録を誇っています。
Getty Images
ニッキー・ミナージュ - スーパーベース (2010)
7位 ラッパーのオニカ・ターニャ・マラージ・ペティ(Nicki Minaj)生まれ。1982年トリニダード・トバゴ生まれのニッキは、元モデル。
Getty Images
アラニス・モリセット - You oughta know (1995)
6位 ステンレスのアラニス・モリセット(カナダのシンガーソングライター、女優、ミュージシャン)。ヒット曲2曲を収録したアルバム『Jagged Little Pill』に収録されている曲。Ironic」「Hand In My Pocket」の2曲を収録。
Getty Images
レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー 「シャロウ」(2018年)
5位は前代未聞のデュエット曲で、レディー・ガガがゴールデングローブ賞、アカデミー賞、グラミー賞の2部門を受賞し、史上最も多くの賞を獲得した曲となりました。
Getty Images
クイーン 「ボヘミアン・ラプソディ」(1975年)
この曲が収録されたアルバム『オペラ座の夜』は、歴史上最も高価なアルバムであることが判明した。ボヘミアン・ラプソディ」の一部では、クイーンのボーカルは180回もオーバーダビングされたと言われている。
Getty Images
グロリア・ゲイナー - I will survive (1979)
3位 80年代ディスコの女王、グロリア・ゲイナー。この曲は1980年にグラミー賞の最優秀ディスコソング賞を受賞しています。
Getty Images
バックストリート・ボーイズ - I want it that way (1999)
2位は、史上最も象徴的なボーイズバンドの1つ。シングル「I Want It That Way」で、BSBは1999年にアルバム『Millenium』を成功させた。
Getty Images
シャナイア・トゥエイン - Man!女になった気分!(1998)
第1位はカナダのシンガーソングライター兼女優、本名Eilleen Regina Edwards(アイリーン・レジーナ・エドワーズ)。カントリーミュージック史上最も成功した女性アーティストであり、The Queen Of Country Popの称号を得ている。
タブレットPCとテクノロジーガジェット
14/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.