文字

ティナ・ターナーの数奇な人生について、あなたが知らないトリビアを紹介します。

音楽界に雷が落ちた…。音楽史上、最も才能があり、長寿で影響力のあるパフォーマーの一人である偉大なティナ・ターナーが、長い闘病生活の末、83歳でこの世を去りました。

1960年代から2000年代まで、半世紀以上にわたるキャリアを持つ彼女は、「ロックンロールの女王」と呼ばれました。1991年には、元夫のアイク・ターナーとともに『Rock and Roll Hall of Fame』に収録され、1967年には、アフロ・アメリカンのアーティストとして、また女性として初めて『ローリング・ストーン』誌の表紙を飾りました。

彼女の人生は、成功、ドラマ、陥落、好転など、さまざまな要素がちりばめられています。半世紀以上にわたるキャリアの中で、ターナー(1939年11月26日、ブラウンズビルのアンナ・メイ・ブロック生まれ)は1億8000万枚以上のアルバムを売り上げ、グラミー賞12部門を受賞しました。

Getty Images
ティナ・ターナーの数奇な人生について、あなたが知らないトリビアを紹介
音楽界に雷が落ちた…。音楽史上、最も才能があり、長寿で影響力のあるパフォーマーの一人である偉大なティナ・ターナーが、長い闘病生活の末、83歳でこの世を去りました。1960年代から2000年代まで、半世紀以上にわたるキャリアを持つ彼女は、「ロックンロールの女王」と呼ばれました。1991年には、元夫のアイク・ターナーとともに『Rock and Roll Hall of Fame』に収録され、1967年には、アフロ・アメリカンのアーティストとして、また女性として初めて『ローリング・ストーン』誌の表紙を飾りました。
Getty Images
ティナ・ターナーの数奇な人生について、あなたが知らないトリビアを紹介
彼女の人生は、出来事、成功、ドラマ、没落、好転など、さまざまな要素がちりばめられています。半世紀以上にわたるキャリアの中で、ターナー(1939年11月26日、ブラウンズビル生まれのアンナ・メイ・ブロック)は1億8000万枚以上のアルバムを売り上げ、グラミー賞12部門を受賞した。
Getty Images
ティナ・ターナーの数奇な人生について、あなたが知らないトリビアを紹介
1988年、彼女は初めて世界記録を達成しました。リオデジャネイロのマラカナで行われたコンサート「Break Every Rule Tour 」で、184,000人の観客の前で演奏したのです。これは当時、コンサートに出席した世界最大の観客数でした。
Getty Images
ティナ・ターナーの数奇な人生について、あなたが知らないトリビアを紹介
ティナ・ターナーの人生は、多かれ少なかれ深刻な健康問題にも見舞われてきました。2013年、エルヴィン・バッハとの結婚から3週間後に脳卒中を発症し、再び歩けるようになるために長い期間のリハビリを受けなければなりませんでした。そして2016年、彼女は腸の癌と診断されました。
Getty Images
ティナ・ターナーの数奇な人生について、あなたが知らないトリビアを紹介
1956年にアイク・ターナー(後の夫)と出会い、1958年に「 Boxtop」という曲でレコーディング・デビューを果たしたのが、彼女の本格的な音楽活動の始まりです。当初はリトル・アンというペンネームを使用していました。1960年、シングル「A Fool in Love」で正式にティナ・ターナーとして知られるようになります。そこから、彼女は世界のチャートを駆け上がっていきました。
Di Philip Spittle - IMG_1645, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=52830315
ティナ・ターナーの数奇な人生について、あなたが知らないトリビアを紹介
その当時、ほぼ10代だった息子のクレイグのアイク・ターナーとのドラマチックな関係から、数年前、59歳で自殺しました。ドラマに満ちた人生における最後の一撃でした。
Di White House photo by Eric Draper. - http://www.whitehouse.gov/news/releases/2005/12/images/200512
ティナ・ターナーの数奇な人生について、あなたが知らないトリビアを紹介
2005年12月、Kennedy Center Honorsのパフォーマンスアートで表彰され、アレサ・フランクリン、レイ・チャールズ、リトル・リチャード、チャック・ベリーらも参加するアーティストの輪に加わりました。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.