CURIOSITIES

これらのヒット曲をカバーだと言うことはないのでしょうか?

カバー曲は、原曲よりも成功することがあります。実際、他のアーティストやバンドによって録音された後、その曲がオリジナルではないにもかかわらず、チャートにランクインした曲もあります。

ロック、メタル、カントリー、ポップス......多くのミュージシャンが、歴史的な名曲を新しいバージョンで作り上げ、真の名作を生み出してきました。

その中には、原曲の作者やミュージシャンが誰であったかを忘れてしまっているものも少なくありません。ここでは、最もセンセーショナルなケースをいくつかご紹介します。

Artwork
カバーが原曲と同じくらい(あるいはそれ以上に)成功したケース
カバーが原曲よりも成功することもあります。実際、他のアーティストやバンドがレコーディングした後に、自分たちの曲がオリジナルではないにもかかわらず、チャートにランクインしたシングル曲もあります。ロック、メタル、カントリー、ポップス......多くのミュージシャンが歴史的な名曲を新しいバージョンで作り上げ、真の名作を生み出してきました。その中には、原曲の作者やミュージシャンが誰であったかを忘れてしまっているものも少なくありません。ここでは、最もセンセーショナルなケースをいくつかご紹介します。
Getty Images
I Will Always love You - ホイットニー・ヒューストン(オリジナル版:ドリー・パートン)
ホイットニー・ヒューストンのバージョンは、有名な映画「ボディガード」のサウンドトラックに含まれています。この曲で、ホイットニー・ヒューストンは1994年のグラミー賞で、年間最優秀レコード賞と最優秀女性ポップ・パフォーマンス賞の2つを受賞しました。ドリー・パートンのオリジナル・バージョンは1974年にリリースされていました。
Getty Images
The Best‐ティナ・ターナー(オリジナル版:ボニー・タイラー)
「Simply The Best」とも呼ばれるこの曲は、ロックンロールの女王がこの曲を解釈して絶大な成功を収め、強烈な印象を与えたことから、先日亡くなったティナ・ターナーのソロ活動復活の象徴とされています。実は、オリジナル・バージョンは、ティナ・ターナーのレコーディングの1年前に、ボニー・タイラーが録音したものです。しかし、知名度という点では、ティナのカバーがオリジナルをはるかに上回り、ボニー・タイラーのバージョンを知らない人も多いほどです。
Getty Images
Beggin' - モネスキン(オリジナル版:フォーシーズンズ)
「Beggin」には、マドコンによる最初のカバー(2007年)と、モネスキンによる2度目のカバーによる成功がありました。イタリアのバンドのバージョンはSpotifyのワールドワイドチャートで1位を獲得し、2022年のビルボード音楽賞のベストロックソング賞を受賞、そして何よりも35枚のプラチナと1枚のダイヤモンドディスクを達成しました。
Artwork
Respect - アレサ・フランクリン(原曲:オーティス・レディング)
2021年、アレサ・フランクリンのバージョンは、雑誌Rolling Stone'がまとめた歴代ベストソング500の中で1位を獲得しました。しかし、原曲はソウルシンガーのオーティス・レディングが1965年に録音したものです。
Artwork
You Really Got Me - ヴァン・ヘイレン(オリジナル版:ザ・キンクス)
ヴァン・ヘイレンのバージョンは、キンクスが1965年に作曲・録音したこの曲の最も有名なカバーとして残っています。オリジナル版では、Rolling Stoneによる「史上最高の曲500選」で82位にランクインしています。
Getty Images
Nothing Compares 2 U - Sinéad O'Connor/Shuhada' Davitt (オリジナル版:プリンス)
1985年、プリンスが自身のサイドプロジェクトであるバンド「ザ・ファミリー」のために作った曲で、トラブルから抜け出したばかりのバンドのキーボーディストをイメージしたものでした。5年後、シネイド・オコナーはこの曲の新バージョンを録音することを決意し、母親の早すぎる死を念頭に置いて解釈しました。「Nothing Compares 2 U」は、シネアド・オコナーの最も有名なシングルであり、彼女は法的にシュハダ・ダヴィットと改名しました。
Artwork
Hallelujah - ジェフ・バックリー(原曲:レナード・コーエン)
ジェフ・バックリーのバージョンは、誰の心にも残っています。1994年に録音され、アメリカのシンガーソングライターがリリースした唯一のアルバムに収録された彼の「Hallelujah」は、演奏者の死後10年を経た2007年に信じられないほどの成功を収めました。原曲は1984年に発表されています。
Getty Images
Torn - ナタリー・インブルーリア(原曲:エドナスワップ)
「Torn」は、ナタリー・インブルグリアが宇宙的な成功を収めた曲です。このオーストラリア人歌手のバージョンは、6枚のプラチナディスクと7枚のゴールドディスクに認定されています。
Getty Images
Dancing on my Own - カルム・スコット(オリジナル・バージョン:ロビーン)
原曲とカラム・スコットのカバーは全く異なり、原曲は典型的なsynth popのエレクトロニック・サウンド、カラム・スコットのカバーはアコースティック・バージョンに再解釈され、メロディーはよりスローになり、バラードになっています。カルム・スコットのカヴァーは、YouTubeで5億回近い再生回数を誇っています。
Getty Images
I Love Rock 'n' Roll - ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ(オリジナルバージョン:アローズ)
ジョーン・ジェットは、ランナウェイズとイギリスをツアーしていた時に、テレビ番組でアローズが「I Love Rock 'n' Roll」を歌うのを見ました。その後、彼女はブラックハーツと共にこの曲の自身のバージョンを録音し、ビルボード100で1位を獲得、7週間首位を維持しました。
Getty Images
Sweet Dreams (Are Made of This ) - Marilyn Manson (オリジナルバージョン:Eurythmics  )
「Sweet Dreams」はEurythmicsの最も有名な曲の一つですが、マリリン・マンソンのカバーも歴史に名を刻んでいます。新バージョンはよりアグレッシブなサウンドで、1995年のアルバム『Smells Like Children』に収録されています。
Getty Images
Girls Just Want to Have Fun - シンディ・ローパー(オリジナル版:ロバート・ハザード)
シンディ・ローパーのカバーは原曲よりもはるかに有名で、この曲がもともと別の演奏者によって録音されたものであることを知る人はほとんどいないほどです。
ANSA Foto
Tainted Love - ソフトセル(オリジナル版:グロリア・ジョーンズ)
オリジナルはグロリア・ジョーンズの「Tainted Love」ですが、ソフトセルのカバーはオリジナルよりはるかに成功しました。ソフトセルは現在も活動を続けていますが、この曲に匹敵する名声を得た曲は生まれていません。
Artwork
Me and Bobby McGee - ジャニス・ジョプリン(原曲:ロジャー・ミラー)
ジャニス・ジョプリンが1970年10月4日に亡くなる数日前に最後のアルバム『Pearl』のために録音した曲ですが、最初に歌ったのはカントリー歌手のロジャー・ミラーでした。ジャニスのバージョンは彼女の死後プラチナを獲得しました。事実、ジャニスのシングルでビルボード100のトップに立ったのはこの曲だけです。
Getty Images
Knockin' On Heaven's Door - ガンズ・アンド・ローゼズ(オリジナル版:ボブ・ディラン)
どちらも非常に有名で、批評的にも世間的にも高い評価を受けているため、「Knockin' On Heaven's Door」のどちらのバージョンが最も美しいとは言い切れません。ボブ・ディランは1973年に原曲を発表し、このバージョンは映画『Pat Garrett & Billy Kid』に収録されました。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.