区分け

2012年から現在までにSpotifyで最も聴かれた曲

ストリーミング音楽配信プラットフォームとして知られるSpotifyは、毎年、最も聴かれたアルバム、楽曲、歌手に関するランキングを発表しています。

Spotifyが発表するランキングの中に、その年に最も聴かれた曲に関するものがあります。意外なことですが、ストリーミングの総数が多い歌手が、必ずしもその年に最も聴かれた曲とは一致しないことが多いのです。

2012年から現在に至るまで、Spotifyで最も聴かれた曲の年別ランキングをフォトギャラリーでご覧ください。

Getty Images
2012年から現在まで、Spotifyで最も聴かれた曲を年別に紹介
Spotifyでは、毎年、ストリーム数の多いアルバム、楽曲、歌手に関するランキングを発表しています。その中で、その年に最も聴かれた曲に関するランキングも発表されています。意外なことですが、最もストリームの多い歌手が、必ずしもその年に最も聴かれた曲とは一致しないことがよくあります。フォトギャラリーでは、2012年からSpotifyで最も聴かれた曲を紹介しています。
Getty Images
2012:Somebody That I Used to Know - Gotye feat. Kimbra
2012年に最もストリーミングされた曲であることに加え、「Somebody That I Used to Know」は世界中でヒットし、米国では50ものプラチナ記録(うちオーストラリアでは17を記録)、さらにはダイヤモンド記録など、多くの認定を獲得しました。2012年の2位は、カーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」でした。
Getty Images
2013:Can't Hold Us - Macklemore & Ryan Lewis
2013年、Macklemore & Ryan Lewisは、Spotifyで最も聴かれたアーティストとなりました。また、ライアン・ルイスが監督した「Can't Hold Us」のビデオクリップも大きな成功を収めました。このビデオは、MTV Video Music Awardsで最優秀ヒップホップ・ビデオ賞と最優秀映画撮影賞を受賞しています。
Getty Images
2014:Happy - Pharrell Williams
2014年、最も多くのリスナーを獲得した歌手はエド・シーラン(8億6000万回)でしたが、最も成功した曲は「Happy」でした。この曲のおかげで、ファレル・ウィリアムスはグラミー賞の最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞と最優秀ビデオクリップ賞の2つを受賞することもできました。
Getty Images
2015:Lean On - Major Lazer feat. MØ & DJ Snake
"Lean On "は、イタリアでの7つを含む56ものプラチナレコードを獲得し、さらにフランスとアメリカで、2つのダイヤモンドレコードも獲得しています。2015年、最も聴かれた歌手はドレイクでしたが、最もストリーミングされた曲の表彰台には彼の曲はありません。実際、2位にはオミの「チアリーダー」、3位にはマーク・ロンソンとブルーノ・マーズの「アップタウン・ファンク」が入っています。
Getty Images
2016:One Dance - Drake
2016年は、2年連続でSpotifyで最も聴かれたアーティストとなったドレイクの面目躍如といったところでしょうか。なお、この年、彼の曲「One Dance」は、マイク・ポズナーの「I Took a Pill in Ibiza」、「Don't Let Me Down」(The Chainsmokers feat. Daya)を抑えて最も再生された曲となりました。
Getty Images
2017:Shape of You - Ed Sheeran
「シェイプ・オブ・ユー」が2017年に2億4800万ストリーミングを記録し、世界中でヒットしていることが判明しました。実際、この曲はエド・シーランが初めてビルボード100の上位にランクインしています。現在、この曲はSpotifyで2番目に再生された曲でもあり、34億回以上聴かれているそうです。
Getty Images
2018:God's Plan - Drake
1年ぶりに、再びドレイクの楽曲が最も多く聴かれるようになりました。2018年、「God's Plan」は4つのダイヤモンドレコード(ブラジル、カナダ、フランス、アメリカ)を獲得し、世界的なヒット曲となりました。2位には、XXXTentacionの "Sad!"が入っています。
Getty Images
2019:Señorita - Camilla Cabello & Shawn Mendes
カミラ・カベロとショーン・メンデスのコラボレーションは、「I Know What You Did Last Summer」に続き2曲目となり、世界的に大ヒット(Spotifyでは1年間で10億回以上のストリーミング)し、同曲のビデオクリップもMTV Video Music Awardsでベストコラボレーション賞とベストシネマティクス賞を獲得しています。
Getty Images
2020:Blinding Lights - The Weeknd
1年間で16億回聴かれた「Blinding Lights」は2020年に最も再生された曲となりました。この曲は高い人気を保ち続けています。実際、今日でも、Spotifyで最も再生回数の多い曲の1位になっています。
Getty Images
2021:Drivers License - Olivia Rodrigo
2021年に最も聴かれた曲(Spotifyで11億回)となったことに加え、「Drivers License」はグラミー賞の最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を達成しました。また、この曲は最速で1億リスニングを突破し、リリースからわずか8日後にこの結果を達成しました。
Getty Images
2022:As It Was - Harry Styles
"AsItWas "は2022年に世界で16億回再生されましたが、この曲はもう一つの記録を持っています。実はこの曲は、Spotifyで男性アーティストが1日に世界で最も再生された曲で、1日のストリーム数は1610万にものぼります。2位はGlass Animalsの「Heat Waves」、3位にはThe Kid LaroiとJustin Bieberの「Stay」が入っています。
Screenshot Videoclip
2023年は ?
2023年に最も聴かれた曲を決めるのはまだ早いですが、多くの手がかり(とSpotifyで利用可能なデータ)としては、それが「復讐ソング」になるかもしれないと言うことです。実際、現時点では、2023年の初めから最もストリームが多い曲として、Miley Cyrusの「Flowers」とBzrp Music Sessions Vol.53(Bizarrap with Shakira)の「Shakira」が含まれています。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.