区分け

ローリングストーンによると、史上最も美しい曲:トップ20の位置

2021年に  有名な米国の雑誌Rolling Stoneは、史上最も美しい500曲のリストを更新しました。

ランキングは2003年12月11日に最初に公開され、172人のミュージシャン、音楽評論家、レコード業界の専門家で構成される編集スタッフによって選ばれた審査員によって編集されました。その後、ランキングは2回変更されました:2010年に1回目、2021年に2回目、以前は存在しなかった254曲が追加されました。

明らかに、音楽ほど主観的なものはありません:これらの曲は雑誌Rolling Stoneによって定義された基準に従って最高と見なされますが、私たち一人一人がこれまでで最高の曲の個人的なランキングを持っています。ただし、ここにRolling Stoneのトップ20があります。

ANSA Foto
Rolling Stoneによる、史上最も美しい曲トップ20
2021年に  有名な米国の雑誌Rolling Stoneは、史上最も美しい500曲のリストを更新しました。ランキングは2003年12月11日に最初に公開され、172人のミュージシャン、音楽評論家、レコード業界の専門家で構成される編集スタッフによって選ばれた審査員によって編集されました。その後、ランキングは2回変更されました。明らかに、音楽ほど主観的なものはありません:これらの曲は雑誌Rolling Stoneによって定義された基準に従って最高と見なされますが、私たち一人一人がこれまでで最高の曲の個人的なランキングを持っています。ただし、ここにRolling Stoneのトップ20があります。
Artwork
20. Dancing on My Own - Robyn (2010)
トップ20は、スウェーデンの歌手RobynのDancing on My Ownから始まります。この曲は、2011年のGrammy Awardsでベストレコーディングdance部門にノミネートされました。イギリスの歌手Calum Scottは2015年にこの曲のアコースティックバージョンを演奏し、その後、このバージョンもシングルとしてリリースされました。
ANSA Foto
19. Imagine - John Lennon ジョンレノン(1971)
Imagineは、彼のソロキャリアの間に作られたものの中で最も有名で代表的なJohn Lennonジョンレノンの作品です。Lennon自身とYōko Onoヨーコ・オノによってプロデュースされたこの曲は、 Beatles の元メンバーが送りたかったメッセージが政治的であったとしても、普遍的な平和への賛美歌として見なされています。
Artwork
18. Purple Rain - Prince and The Revolution (1984)
同名のアルバムから取られたこの曲は、Princeプリンスの並外れたキャリアの最大の成功の1つです。シンガーソングライターは、Purple Rainの歌詞は世界の終わりを指していると述べました。Princeは2007年のSuper Bowl Halftime Showで、土砂降りの雨の中でクロージングピースとしてこの曲を演奏しました:これはHalftime Showの歴史の中で最高のパフォーマンスの1つと判断されました。
Screenshot Videoclip
17. Bohemian Rhapsody - Queen クイーン(1975)
この素晴らしい曲を単一の音楽ジャンルでラベル付けすることは不可能ですが、一方で、Bohemian Rhapsodyをとても唯一のものにしているのはまさにこれです。シングルのリリースには、世界で最も有名で重要なものと見なされているミュージックビデオが伴い、テレビで最初に放送されたものの1つでした。
Getty Images
Artwork
15. I Want to Hold your Hand - The Beatles (1963)
1500万枚以上のコピーで、I Want to Hold Your Hand/This Boyはこれまでで最も売れたBeatlesシングルの1つです:この曲はBeatles米国市場での地位を確立することを可能にしました。曲の元の録音では、2番目のコーラスの直前に、 John Lennon と Paul McCartney の間の1つが歌詞を間違えるのが聞こえ、実際には Paul 「I want to hold your hand」と歌い、 John は「Let me hold your hand」と言います。
Artwork
14. Waterloo Sunset - The Kinks (1967)
歌の歌詞は、テムズ川に架かる橋を渡る2人の恋人(Terry & Julie)を観察したり想像したりする孤独なナレーターを説明しています。 この曲は、ロンドンで開催された2012年のオリンピックの閉会式で、グループの Ray Davies, frontman によって演奏されました。 
Artwork
13. Gimme Shelter - The Rolling Stones (1969)
Gimme Shelterは常にRolling Stonesのキャリアの中で最も代表的な曲の1つと見なされてきました。監督Martin Scorsese、Goodfellas(1990)、Casino(1995)、The Departedなどの彼の映画のいくつかでGimme Shelterを使用しています。
ANSA Foto
12. Superstition - Stevie Wonder (1972)
この曲は、1973年に最優秀R&Bソングと最優秀男性R&BボーカルperformanceのGrammy Awardを受賞しました。もともと、WonderJeff BeckのためにSuperstition書いていましたが、彼のマネージャーは彼に曲を自分自身に保つように説得し、BeckはCause We've Ended As Loversを提供されました。それにもかかわらず、Beck後にSuperstitionのカバーを録音しました。
Artwork
11. God Only Knows - The Beach Boys (1966)
God Only Knowsはアルバム Pet Sounds の一部であり、グループの他の曲と比較して、この曲はより技術的で洗練されたひねりを表しています。歌の紹介では、Beach Boysの音楽のジャンルのためのいくつかのかなり珍しい楽器を聞くことが可能です:これらの楽器の中で我々はハープシコードとホーンを見つけます。
Screenshot videoclip
10. Hey Ya! – Outkast (2003)
10位には、惑星で成功を収めたHey Ya, があり、Obadiah ParkerのMatt Weddle    の音響バージョンでも有名です。 この曲は合計19のプラチナレコードを達成しています。 
Artwork
9.Dreams – Fleetwood Mac(1977)
Dreamsは、米国の販売チャートでトップの座に到達した唯一のFleetwood Macでした。何年にもわたって、多くのアーティストが有名で最も売れているアルバムから取られたこの曲の個人的なcoverを録音してきました Rumours。
Artwork
8.Get Ur Freak On – Missy Elliott(2001)
この曲は、インドの典型的な音の影響を強く受けています。テキストには、日本語とヒンディー語のフレーズも含まれています。当初、Get Ur Freak Onランキングの466位に配置されていましたが、17年後には8位に上昇しました。
ANSA Foto
7. Strawberry Fields Forever – The Beatles (1967)
Beatlesがランキングに戻ってきました。この曲の構成は、John Lennonとバンドにとって大きな変化の時代にまでさかのぼります。実際、グループは、Beatlesが今やイエスよりも有名であるとLennon言った有名なインタビューに続いて、最も困難で問題を抱えた時期の1つの後にコンサートを去ったばかりでした。
Artwork
6. What’s Going On – Marvin Gaye (1971)
この曲は、世界を悩ませている問題を反映しており、Gayeの音楽スタイルのターニングポイントを示しています。1987年にCindy Lauperによって作られたカバーも大成功を収めました。
ANSA Foto
5.Smells Like Teen Spirit – Nirvana(1991)
Kurt Cobain、バンドBikini Killの彼女の友人であり歌手であるKathleen Hannaと一緒に過ごしたクレイジーな夜からこの曲のタイトルのインスピレーションを得ました。スプレーペイントで、彼は彼を嘲笑するつもりでCobainの家の壁に「Kurt smells like teen spirit」という言葉Kathleenthe描きました。このフレーズは、当時人気の10代のデオドラント「Teen Spirit」を指していました。
Artowrk
4.Like a Rolling Stone – Bob Dylan(1965)
2003年にはRolling Stoneチャートで1位になり、2021年には4位に落ちました。Like a Rolling Stone"Dylanのキャリアのターニングポイントを表しており、今日でも60年代と音楽の歴史全体の象徴的な曲の1つです。
RCA Victor Records, via Wikimedia Commons
3. A Change is Gonna Come - Sam Cooke (1964)
この曲は、アフリカ系アメリカ人の公民権運動の国歌を表していたため、60年代に非常に重要でした。A Change is Gonna Come、完全には明らかにされていない状況で33歳で発生したSam Cookeの死の直後に出版されました。
Artwork
2. Fight the Power - Public Enemy (1989)
Fight the Powerは bandの政治的証と見なされており、グループで最も成功したシングルです。テキストは、強力な力と戦うことを目的とした革命への招待状です。
Artwork
1.Respect - Aretha Franklin(1967)
1965年にアメリカの歌手Otis Reddingによって録音され、1967年にAretha Franklinによって歌われ、 Soulの女王の最大のヒット曲の1つを表しています。Respectフェミニスト運動の国歌となり、アフリカ系アメリカ人に対する人種差別の形態との戦いとなっています。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.