区分け

Spotifyで過去最も聴かれた曲

Spotifyは世界有数の音楽ストリーミング・プラットフォームであり、そのチャートから楽曲やアルバムの成功度を知ることができることも多いです。

特に最も聴かれた曲のリストはしばしば変更されることがあり、2023年の最初の月には、チャートのトップに大きな追い越しがありました。

最もストリーミングされた曲のトップには、実際、長い間、近寄りがたいと思われていたエド・シーランの「Shape of You」ではなくなりましたが、トップ20の中で順位が変わったのはこの曲だけではありません。Spotifyで最も再生された曲のランキングはこちらです。

Getty Images
Spotifyで史上最も再生された楽曲の最新情報をお届け
Spotifyは世界有数の音楽ストリーミング・プラットフォームで、そのチャートから曲やアルバムの成功の度合いを知ることができます。特に最も聴かれた曲のリストはしばしば変更されることがあり、2023年の最初の6ヶ月間で、チャートのトップに大きな追い越しがありました。最もストリーミングされた曲のトップには、実際、長い間、近寄りがたいと思われていたエド・シーランの「Shape of You」がいなくなりましたが、トップ20の中で順位が変わったのはこの曲だけではありません。Spotifyで最も再生された曲のランキングはこちらです。
Getty Images
20.Don't Start Now - Dua Lipa(約22億6500万リスナー)
2019年11月にリリースされたこの曲は、特にデュア・リパの芸術的成長を象徴するものとして、ほとんどの音楽評論家から賞賛されました。「Don't Start Now」は合計で41のプラチナと5つのダイヤモンドの記録を達成しました(ブラジルでの3つを含む)。
Getty Images
19.ウォーターメロン・シュガー - ハリー・スタイルズ(約22億690万リスナー)
アルバム「Fine Line」から出た2曲目の「Watermelon Sugar」は、グラミー賞の最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を受賞したほか、2021年には「英国ソング・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれています。この曲は6つのダイヤモンドレコードを獲得しており、その半分はブラジルで獲得しています。
Getty Images
18.Bad Guy - Billie Eilish(約22億8700万リスナー)
「Bad Guy」は、ビリー・エイリッシュを世界中の聴衆に知らしめたシングルです。この曲はグラミー賞の「レコーディング・オブ・ザ・イヤー」と「ソング・オブ・ザ・イヤー」の2部門を受賞しました。好奇心の一つとして、Rolling Stone誌のインタビューで、ビリーと弟のフィニアスは、シドニーの信号機の音を曲のベースに取り入れたと述べていますが、この音はシンガー自身が携帯電話で録音したものでした。
Getty Images
17.Lovely - Billie Eilish and Khalid(約23億200万リスナー)
チャートに戻ってきたビリー・エイリッシュは、今回はKhalidとのコラボレーションで2018年にレコーディングされ、NetflixのTVシリーズ「13 Reasons Why」のサウンドトラックに収録された楽曲「Lovely」です。現在までに、この曲は41のプラチナレコードと1つのダイヤモンドレコードを達成しています。
Getty Images
16.セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー - ジェームズ・アーサー(23億7900万リスナー)
「Say You Won't Let Go」は、「XファクターUK」の第9回大会で優勝して有名になった歌手、ジェームス・アーサーの代表曲のひとつです。この曲は、合計53のプラチナ記録(オーストラリアで16、スウェーデンで7を含む)だけでなく、4つのダイヤモンド記録(ブラジルで2、カナダで1、フランスで1)を達成しています。
Getty Images
15.As It Was - Harry Styles(約23億8400万リスナー)
数々の賞を受賞したアルバム「Harry's House」からの最初のシングルであるこの曲は、満場一致の賞賛を受け、リリースからわずか1年余りで、最も聴かれた曲のトップ20に入りました。「As It Was」は、Spotifyで1日に世界で最も再生された曲として、男性アーティストの記録を獲得し、1610万以上のストリームを記録しました。
Getty Images
14.セニョリータ - カミラ・カベロ&ショーン・メンデス(約24億5200万リスナー)
2度目のコラボとなるカミラ・カベロとショーン・メンデスは、「セニョリータ」で驚異的な世界的成功を収めました。 同曲のビデオクリップは、2019年MTV Video Music Awardsにおいて、「ベストコラボレーション」「ベストセットデザイン」「ベストシネマティクス」「ベスト振付」の4部門でノミネート、「ベストコラボレーション」「ベストシネマティクス」部門で優勝しました。
Getty Images
13.スターボーイ - ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク(24億8700万リスナー)
「Starboy」は、The Weekndのセルフタイトルアルバムから取られた最初のシングルとして2016年9月にリリースされました。この曲のビデオクリップは、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードの「ベスト・ビデオ」部門を受賞しました。
Getty Images
12.Heat Waves - Glass Animals(約24億8800万リスナー)
「Heat Waves」は、イギリスのインディーロックバンド「Glass Animals」の最も成功した曲です。この曲はTikTokのおかげで大人気となり、プラチナ47枚、ダイヤモンド3枚の記録を達成しました。
Getty Images
11.パーフェクト - エド・シーラン(約25億600万リスナー)
エド・シーランは「Perfect」を書くにあたって、「Thinking Out Loud」をも凌ぐ、自分のキャリアで最高のラブソングを作ることを目標にしたと述べています。この曲にはオリジナルバージョンの他に、ビヨンセと歌った「Perfect Duet」と、テノールのアンドレア・ボチェッリと共演した「Perfect Symphony」の2つのバージョンがあります。
Getty Images
10.Believer - Imagine Dragons(約25億4300万リスナー)
「Believer」は、イマジン・ドラゴンズのサード・アルバム「Evolve」からのファースト・シングルです。この曲はビルボードのロック・ソングスで29週連続で上位に留まりましたが、それだけではなく、他のイマジン・ドラゴンズのシングル2曲「Thunder」と「Whatever It Takes」とともに、「Believer」は2018年に16週連続でロック・ソングスの上位3位を占めたのです。この曲のビデオクリップでは、歌手のダン・レイノルズが、映画「ロッキー4」で有名なイワン・ドラゴを演じた俳優のドルフ・ラングレンにボクシングの試合を挑んでいます。
Getty Images
9.Closer - The Chainsmokers feat. Halsey(約25億6000万リスナー)
「Closer」の作曲は、Blink-182の「I Miss You」という曲からインスピレーションを得ており、曲の歌詞の中にも同グループが登場するほどです。この曲はビルボード100チャートのトップに12週間留まり、2016年の1年間で最も長く1位を維持したシングルでタイトルを獲得しました。
Getty Images
8.Stay - The Kid Laroi feat. Justin Bieber(約26億500万リスナー)
ザ・キッド・ラロイとジャスティン・ビーバーのコラボレーションは、ビーバーのアルバム「Justice」に収録された楽曲「Unstable」に続いて2回目です。しかし、「Stay」の方がはるかに成功し、2021年中に世界で2番目に売れたシングルとなり、累計20.7億ストリームを記録しました。
Getty Images
7.One Dance - Drake(約26億6800万リスナー)
「One Dance」はナイジェリア人歌手Wizkidと英国人歌手Kylaをフィーチャーし、Drakeの4枚目のスタジオアルバム「Views」に収録されています。この曲はプラチナ56枚、ダイヤモンド3枚を記録しました。
Getty Images
6.ロックスター - ポスト・マローン feat.21サヴェージ(26億9700万リスナー)
6位は、ポスト・マローンの2枚目のスタジオアルバム「Beerbongs & Bentleys」からの1曲目、「Rockstar」です。この曲は、イギリスのラッパー21 Savageをフィーチャーしています。
Getty Images
5.サンフラワー - ポスト・マローン&スウェイ・リー(約27億1300万リスナー)
「Sunflower」は、アニメ映画「スパイダーマン:イントゥ・ザ・スパイダーバース」のサウンドトラックに収録されています。この曲はUSビルボード100の9位でデビューし、ポスト・マローンにとっては5曲目、スウェイ・リーにとっては2曲目のトップテン入りとなりました。
Getty Images
4.Someone You Loved - ルイス・カパルディ(約28億2500万リスナー)
「Someone You Loved」は、ルイス・カパルディのキャリアをスタートさせた曲です。この曲のおかげで、シンガーソングライターは国際的な聴衆に知られるようになりました。この曲は2020年のグラミー賞で「ソング・オブ・ザ・イヤー」としてノミネートされ、BRIT賞でも同部門で受賞しました。
Getty Images
3.ダンスモンキー - Tones And I(約28億3800万リスナー)
「ダンスモンキー」は特別な記録を持っています。実際、Shazamで最も検索された曲で、約4100万回検索されています。この曲は、世界中で並外れた成功を収め、77枚のプラチナディスクと8枚のダイヤモンドディスクに認定されています。
Videoclip Frame
2.シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン(約35億1600万リスナー)
もはやSpotifyで最も聴かれた曲のチャートのトップに立ってはいませんが、「Shape of You」の成功は普遍的なものであることに変わりはありません。2017年から2023年初頭まで、この曲は史上最も聴かれた曲であり、その成功はグラミー賞の「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス」部門に認定されました。
Getty Images
1.Blinding Lights - The Weeknd(約36億3300万リスナー)
1位はザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」です。エド・シーランの「Shape of You」から2年以上経ってリリースされたこの曲は、Spotifyで史上最も聴かれた曲となり、カナダのシンガーソングライター自身がTwitterで、この功績を祝ってファンに2023年の幸福を祈ったほどです。もちろん、この達成は、一般的に「Blinding Lights」が史上最も聴かれた曲であるということを意味するものではありません。例えば、YouTubeでは、「Shape of You」の公式ビデオの再生回数が59億回、「Blinding Lights」のそれは約14億回となっています。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.