区分け

最も美しいディズニーソングを紹介

ディズニーのアニメーション映画は、子供たちだけでなく、大人たちにも愛されていますが、映画そのものだけでなく、ディズニー長編映画のサウンドトラックが、その成功に重要な役割を果たしていることも少なくありません。

エルトン・ジョンのような著名な歌手がキャラクターの声を担当したこともあり、ディズニーの曲は非常に多く、大きな成功を収めています。

ビルボードのランキングによると、ディズニー映画のサウンドトラックで最も成功した10曲は以下の通りです:あなたはこのランキングに賛成しますか?

Movie Frame
ディズニーソング ベスト10
ディズニー・アニメーションは、子供たちだけでなく、大人たちにも愛されています。その理由は、映画そのものの内容だけでなく、サウンドトラックも重要な役割を担っているからです。エルトン・ジョンのような著名な歌手がキャラクターの声を担当したこともあり、ディズニーの曲は驚くほどの成功を収めているものがたくさんあります。ビルボードが発表したランキングによると、最も人気があり、成功したディズニーソング10曲は以下の通りです。
Movie Frame
10."A Whole New World" - アラジン (1992)
ブラッド・ケインとレア・サロンガが歌う英語版の「A Whole New World」は、アカデミー賞歌曲賞、ゴールデングローブ賞オリジナルソング賞、グラミー賞ソングオブザイヤー、映画、テレビ、その他のオーディオビジュアルメディアのための作曲賞など多くの賞を受賞しています。長年にわたり、この曲は多くの成功したアーティストたちによって再解釈されてきました。
Movie Frame
9."Let It Go" - フローズン (2013)
2013年、「Let It Go」は、この曲が使われた映画と同様に、驚くべき成功を収めました。この曲はアカデミー賞歌曲賞とグラミー賞映画、テレビ、その他のオーディオビジュアルメディアのために書かれた歌曲賞を受賞し、さらに世界中で19回プラチナレコードを獲得しました。
Movie Frame
8."Circle of Life" - ライオンキング(1994年)
「ライオン・キング」のサウンドトラックは、ディズニー・アニメーション映画のために作られた史上最高のものの一つであり、それを裏付けるように、アカデミー賞も受賞しています。音楽の成功は、作曲家ハンス・ジマーと、音楽と歌詞の作者であるエルトン・ジョンとティム・ライスによるものです。その中でも最も美しい曲は、映画の冒頭で女優のカルメン・トゥイリーが歌うオープニング曲の“Circle of Life”なのです。
Movie Frame
7."Beauty and the Beast" - 美女と野獣 (1991)
7位は、美しいラブソングで、その音楽は映画のテーマでもあります。「美女と野獣」は、アカデミー賞歌曲賞、ゴールデングローブ賞オリジナル曲賞、そしてグラミー賞も受賞しました。オリジナル版では、忘れがたいアンジェラ・ランズベリーが歌い、ベルと野獣の有名なダンスシーンで彼女の演奏を聴くことができます。
Movie Frame
6."Colors of the Wind" - ポカホンタス (1995)
特に1990年代、ディズニーはその映画で老若男女を魅了し、その素晴らしい歌により、その10年間で受賞した賞の数では他の追随を許さないほどでした。それを示すように1996年は、アカデミー賞歌曲賞、ゴールデングローブ賞オリジナル曲賞、グラミー賞を受賞したのはディズニーのこの曲です。この曲の歌詞が強い精神性を持っていることも高く評価されました。
Movie Frame
5."How Far I’ll Go" - モアナと伝説の海 (2016)
“How Far I'll Go”は、映画では米国の女優で歌手のアウリィ・クラヴァーリョが演奏し、サウンドトラックではカナダの歌手アレッシア・カーラが録音し、シングルとしてリリースしました。この曲の成功は、14のプラチナレコードに認定されました。
Movie Frame
4."Hakuna Matata" - ライオンキング(1994年)
“Hakuna Matata”ほど軽快な曲はないでしょう。エルトン・ジョンが音楽を、ティム・ライスが歌詞を担当したこのシングルから、ユーモアを感じないわけがありません。「ディズニーソング・ベスト10」には「ライオンキング」の曲が2曲入っていますが、この映画のこの曲でアカデミー歌曲賞は受賞していません。
Movie Frame
3."We Don't Talk About Bruno" - エンカント(ミラベルと魔法だらけの家) (2021)
リン=マニュエル・ミランダが作曲し、米国の歌手アダッサが演奏したこの曲は、2021年、ディズニー・アニメーション映画の楽曲として、2014年の“Let It Go”以来、ビルボードTOP5入りを果たしました。この曲はグラミー賞のBest Song Written for Visual Media賞を受賞しました。
Movie Frame
2."You've Got a Friend in Me" - トイ・ストーリー (1995)
ランディ・ニューマンとライル・ラヴェットがオリジナル・バージョンで作曲した、素晴らしい「トイ・ストーリー」の特徴的な曲が、チャートから外れることはありませんでした。この曲は長年にわたり、多くのアーティストによって再解釈され、スペイン語やイタリア語など、さまざまな言語で歌われています。
Movie Frame
1."Go the Distance" - ヘラクレス (1997)
トップは繊細な曲“Go the Distance”で、ロジャー・バートが映画の有名なシークエンスで使用したバージョンを録音し、マイケル・ボルトンがエンドクレジット用のバージョンを録音しています。ディズニー映画ではよくあることですが、この曲は映画のために多くの言語で再解釈されています。例えば、スペイン語ではリッキー・マーティンが歌っています。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.