CURIOSITIES

一部の楽曲をライブで演奏することを望まなくなったミュージシャンが

様々な理由から、バンドや歌手によっては、大ヒット曲を含む特定の曲をライブで演奏しないことを強要されることがあります。

例えば、ビートルズは、全レパートリーから少なくとも10曲はライブで演奏したことがありません。

もちろん、このような特異性を持つミュージシャンはビートルズだけではありません。デヴィッド・ギルモア、AC/DC、そしてR.E.M.など、他の偉大なアーティストも同様です。ここでは、ミュージシャンがライブで演奏したことのない(あるいは二度と演奏しない)曲のいくつかを紹介します。

Getty Images
バンドや歌手がコンサートで演奏しない曲
様々な理由で、バンドや歌手は、時には大ヒット曲も含めて、ライブで演奏しないことがあります。ここでは、ミュージシャンがライブで演奏しない(あるいは二度と演奏しない)曲のいくつかを紹介します。
Getty Images
Elton John - Candle in the Wind 1997
キャンドル・イン・ザ・ウィンド1997は、1973年にエルトン卿がマリリン・モンローを偲んで作曲した曲を再アレンジしたものです。ジョンは、1997年9月6日、親友であったダイアナ妃の葬儀で、この1997年版を一度だけ生演奏したことがあります。ダイアナ妃の葬儀の前に約束した、「ダイアナ妃の息子であるウィリアムとヘンリーの同意が得られた場合のみ、1997年版をもう一度人前で歌う」という約束を守っています。
Getty Images
Green Day - Panic Song
グリーン・デイは「パニック・ソング」を2012年にフランスで一度だけライブで演奏したことがあります。曲名から推測できるように、心理的苦痛とパニック障害をテーマにした曲です。ビリー・ジョー・アームストロングによると、コンサート中に「Panic Song」を演奏しなくなったのは、この曲がライブで演奏するには複雑すぎるという理由からだといいます。
Getty Images
Paramore - Misery Business
"Misery Business "はParamoreの最も評価されている曲の1つであり、確かにバンドに最も成功と名声を与えた曲の1つです。しかし、2018年以降、この曲はライブで提供されていません。フロントウーマンのヘイリー・ウィリアムズは、彼女のグループが明確な芸術的成長を遂げた一方で、この曲は過去のものであるため、もはや歌うつもりはないと何度も説明しています。
Getty Images
R.E.M. -Shiny Happy People
R.E.M.は、この曲に含まれる政治的なメッセージが何度か誤解されることになるため、二度と大衆の前で演奏しないことを希望しました。ちなみに、「Shiny Happy People」は、同グループの2003年のベストアルバム「In Time」にも収録されていません。
Getty Images
David Gilmour - Echoes
David Gilmourは、Pink Floydの最も激しい(そして長い)曲の一つである「Echoes」をライブで演奏することをもはや好みません。それは、2008年に亡くなったPink FloydのキーボーディストRichard Wrightをあまりにも思い起こさせるからです。2006年、ギルモアはポーランドのグダニスクでのツアー中に、2人はこの曲をライブで演奏しています。
Getty Images
AC/DC - It's a long way to the top (if you wanna rock'n'roll)
AC/DCは、「It's a long way to the top (if you wanna rock'n'roll) 」が、1980年に亡くなった故ボン・スコットもいたバンドの全盛期と結びついてしまうため、演奏をしないことにしたと言われています。さらに、現シンガーのブライアン・ジョンソンは、この曲は故スコットにしか似合わない曲だと考えていました。この曲はライブで演奏するのは非常に難しく、AC/DCは合計で約30回しかライブで演奏しませんでした。
Getty Images
アークティック・モンキーズ - The Bad Thing
アークティック・モンキーズは、「The Bad Thing」をライブで演奏しないことを決定しました。これは、バンドの初期アルバムに属する他の曲と同様、感情的にも技術的にも演奏するのが難しいからです。
Getty Images
Metallica - Sweet Amber
多くのファンは「Sweet Amber」をメタリカの6枚目のアルバム「St.Anger」のベストトラックだと考えています。にもかかわらず、バンドはこの曲をライブで歌ったのは1回だけでした。「Sweet Amber」はアルコールに溺れる少女を描いた曲ですが、一部のリスナーはジェイムズ・ヘットフィールドの嗜癖を表現していると考えました。この誤解のため、メタリカはこの曲を再び演奏しないことを希望したのです。
Getty Images
RHCP - Love Rollercoaster
この曲はOhio Playersの同名シングルのカバーで、アニメ映画「Beavis and Butt-Head do America」のサウンドトラックに収録されました。チリ・ペッパーズは「Love Rollercoaster2」をライブで歌うことを常に拒否しています。ドラマーのチャド・スミスによると、バンドはこの曲から感情的に切り離されたように感じるからだと言うことです。
ANSA Foto
ザ・ビートルズ
最後にビートルズを紹介しましょう。ビートルズは、その短い、しかし強烈なキャリアにおいて、彼らのレパートリーから少なくとも10曲はライブで披露したことがありません。その中には、「Every little thing」、「Revolution」、「Honey Pie」、「Oh!Darling」などがあります。
タブレットPCとテクノロジーガジェット
14/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.