区分け

歴代ベストシンガー:2023年最新版ランキング

2008年、音楽雑誌“Rolling Stone"で 「史上最高の歌手100人」のリストが作成されました。

このランキングは、15年前にミュージシャン(ブルース・スプリングスティーン、ロッド・スチュワート、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョージ・マイケル、キース・リチャーズなど)、ジャーナリスト、音楽専門家を含む180名によって作成されました。

そして2023年1月1日、“Rolling Stone"はランキングのアップデートを発表し、特にTop Tenを中心にランキングに革命をもたらしました。この有名な米国雑誌が指摘しているように、このランキングは技術的な能力と歌唱力(史上最高の声のリストではない)だけでなく、声質の独創性、レコードカタログ、作曲能力、当該シンガーの音楽的遺産も考慮されています。ここでは、上位20位までのランキングをご紹介します。

Getty Images, ANSA Foto
Rolling Stoneによる、史上最高のシンガーベスト20
2008年、音楽雑誌“Rolling Stone"で 「史上最高の歌手100人」のリストが作成されました。このランキングは、15年前にミュージシャン(ブルース・スプリングスティーン、ロッド・スチュワート、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョージ・マイケル、キース・リチャーズなど)、ジャーナリスト、音楽専門家を含む180名によって作成されました。そして2023年1月1日、“Rolling Stone"はランキングのアップデートを発表し、特にTop Tenを中心にランキングに革命をもたらしました。この有名な米国雑誌が指摘しているように、このランキングは技術的な能力と歌唱力(史上最高の声のリストではない)だけでなく、声質の独創性、レコードカタログ、作曲能力、当該シンガーの音楽的遺産も考慮されています。ここでは、上位20位までのランキングをご紹介します。
Jim Britt, Wikimedia
20.マーヴィン・ゲイ
トップ20のオープニングを飾るのは、ソウル、R&B音楽を代表するアーティストの一人、マーヴィン・ゲイ。ゲイが亡くなってから40年近く経ちますが、今でも彼の曲は若い人たちの間で人気があります。
Getty Images
19.フランク・シナトラ
フランク・シナトラは、紹介するまでもなく、音楽面だけでなく、20世紀の芸術的アイコンです。"ザ・ヴォイス "は、その膨大な音楽作品(166枚のアルバムをリリース、うち59枚がスタジオアルバム)だけでなく、観客を楽しませる能力でも際立っていたのです。中でもシナトラは、3つのアカデミー賞(1946年名誉オスカー、1954年アカデミー助演男優賞、1971年ジーン・ハーショルト人道賞)を受賞しています。
Getty Images
18.セリア・クルス
セリア・クルスは、歴史上最も国際的に成功したラテンアメリカの歌手の一人です。その長いキャリアの中で、グラミー賞3回、ラテングラミー賞4回など、多くの賞と賞賛を受けました。
ANSA
17.エルビス・プレスリー
何世代にもわたってインスピレーションを与え、アメリカのみならず世界中の音楽史を書き残してきた唯一のキャラクター、キング・オブ・ロックンロールは、3位から17位へと順位を下げました。エルヴィスは何百回ものコンサートを行ったほか、61枚のアルバムをリリースし、そのうち23枚はスタジオアルバムでした。
Getty Images
16.プリンス
偉大なギタリストというだけでなく、プリンスは史上最高のシンガーのリストでもトップ20に入っています。プリンスは多面的でユニークなアーティストであり、世界でも稀に観客を楽しませる能力に長けています。そのキャリアにおいて、ミネアポリスのシンガーは1985年にアカデミー賞のサウンドトラック賞も受賞しています。
Getty Images
15.ボブ・ディラン
彼は音楽シーンで最高の声の持ち主ではありませんが、Rolling Stoneで説明したように、このランキングは、様々な点を考慮しています。そして、ボブ・ディランがその非常に長いキャリアの中で受けた賞は数多く、その中には2001年のアカデミー賞歌曲賞、2008年のピューリッツァー賞、そして2016年のノーベル文学賞もあります。
Getty Images
14.フレディ・マーキュリー
フレディ・マーキュリーは、その歌唱力だけでなく、ステージ上でもそれ以外でも、その豪快なパーソナリティで永遠に記憶されるに違いないでしょう。だからこそ、彼は史上最高のフロントマンの一人として評価され、彼のライブを見る機会に恵まれなかった新しい世代に、今もなお影響を与え続けているのです。
Getty Images
13.パッツィー・クライン
カントリー界のアイコン、パッツィ・クラインは、絶頂期に飛行機事故で30歳の若さでこの世を去りましたが、その表現力豊かな声質で音楽史に名を残しています。カントリー界の多くのアーティストにインスピレーションを与えた歌手であり、さらに、1973年に"Country Music Hall of Fame "に初めて登録されたアーティストでもあります。
Getty Images
12.ジョン・レノン
ビートルズでも、オノ・ヨーコとのコンビでも、ソロアーティストとしても忘れられないキャリアを歩んできました。ジョン・レノンは、歌手としてだけでなく、詩人、芸術家としても忘れがたい存在です。1971年、レノンは他のビートルズの仲間とともに映画「Let It Be」でアカデミー賞最優秀サウンドトラック賞を受賞しました。
Getty Images
11.リトル・リチャード
リチャードは❛The Architect of Rock and Roll❜として、20世紀の音楽と文化に大きな影響を及ぼしました。特に、華やかで派手でありながらエレガントなルックスで、歴史上最初のロッカーの一人とされています。彼の音楽は、ソウルやファンクといったジャンルに根源的な影響を与え、また、ロックやラップの発展にも貢献しました。
Getty Images
10.アル・グリーン
1970年代前半に人気のピークを迎えたアル・グリーンは、合計38枚のアルバムをリリース。そのキャリアにおいて、リズム&ブルースとゴスペルの両方に情熱を注ぎ、このジャンルを代表するシンガーとなりました。
Getty Images
9.オーティス・レディング
ソウルの帝王と呼ばれたオーティス・レディングのキャリアは非常に短く、26歳の時に飛行機事故で亡くなるという早すぎる死によって幕を閉じました。この歌手の名声は、彼の死後、有名な曲「(Sittin' on) the Dock of the Bay」がリリースされたときに特に高まりました。
Getty Images
8.ビヨンセ
トップ10に入る 新ミレニアムのミュージカルスター、ビヨンセ。その素晴らしいキャリアは、あらゆる面で成功に満ちています。グラミー賞では、指揮者のゲオルク・ショルティ(31部門)を抜いて、史上最多の32部門を受賞しています。
ANSA Foto
7.スティービー・ワンダー
スティーヴィー・ワンダーは、ソウルやR&Bにポップス、ジャズ、レゲエをミックスし、その進化に大きく貢献しました。ミシガン州出身のこのミュージシャンは、グラミー賞を25回受賞し、1985年には長編映画『The Woman in Red』の「I Just Called to Say I Love You」でアカデミー賞歌曲賞を受賞しているほどです。
Getty Images
6.レイ・チャールズ
レイ・チャールズは、その素晴らしいキャリアの中で、13のグラミー賞を受賞し、ショービジネスにすべてを捧げました。例えば1980年、「The Genius」は有名な映画『ブルース・ブラザーズ』に使われています。チャールズは、フランク・シナトラに高く評価され、彼の同僚を唯一の真の音楽の天才と評しました。
Getty Images
5.マライア・キャリー
また、マライア・キャリーのような素晴らしい声域を持つアーティストもトップ10入りしており、彼女はキャリアにおいて2億枚のアルバムセールスを達成しました。マライアが最も成功した時期は間違いなく1990年代で、その10年間はビルボード100で467週を記録し、マドンナを凌ぐベストセラーシンガーとなったのです。
Getty Images
4.ビリー・ホリデイ
ビリー・ホリデイは、ジャズとブルースの代表的な歌手であり、早熟な才能を持ちながら、人種差別の敵意やアルコールと薬物中毒の問題に直面することになりました。それにもかかわらず、この歌手はアフリカ系アメリカ人の権利の象徴となり、彼女の歌「Strange Fruit」は事実、公民権を要求する抗議歌となったのです。
Getty Images
3.サム・クック
サム・クックは、その短いキャリアを音楽に捧げただけでなく、レコード会社や出版社を設立するなど、起業家としても活躍しています。また、公民権運動American Civil Rights Movementにも積極的に参加し、その知名度を生かして啓発活動を行いました。
Getty Images
2.ホイットニー・ヒューストン
超絶的な才能、驚異的な歌唱力、強烈な個性。これらすべてが、何年もの間、国際的なチャートを支配してきたホイットニー・ヒューストンであり、米国のビルボードでビージーズの持つ6回の記録を抜いて、7回連続のシングル1位を達成しました。
Getty Images
1.アレサ・フランクリン
ソウルの女王、アレサ・フランクリンは、どんな曲でも魔法のように歌いこなすことができます。彼女の歌声は、ミシガン州から「自然の驚異」として公式に認定されています。さらに、レディ・ソウルはグラミー賞も21回受賞しており、1958年から1975年までは、その受賞数の多さから「アレサ賞」と呼ばれていました。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
凶暴な動物たち
29/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.