区分け

歴代ベストドラマー:トップ20

米国の有名雑誌「Rolling Stone」が発表したランキングの中に、「史上最高のドラマー100人」があります。

このリストを作るにあたって、'Rolling Stone' は、曲を盛り上げる様々なドラマーの能力と、この楽器の使用における革新者になる能力を何よりも考慮しました。

いずれにせよ、これはランキングではあるものの、音楽ほど主観的なものはなく、人それぞれに好みがあることを忘れてはいけません。

Getty images, Wikimedia
'Rolling Stone誌によるランキング
米国の有名雑誌「'Rolling Stone'」が発表したランキングの中で、「史上最高のドラマー100人」があります。このリストを作るにあたって、'Rolling Stone' は、何よりもドラマーが曲を盛り上げる能力と、この楽器の使用における革新者になる能力を考慮しました。いずれにせよ、ランキングとはいえ、音楽ほど主観的なものはなく、人それぞれに好みがあることを忘れてはいけません。
Getty Images
20.バーナード・パーディー
トップ20のオープニングを飾るのは、ファンクというジャンルの誕生に最も影響力があり、クリエイティブなミュージシャンの一人とされるバーナード・パーディです。バーナードはまた、いわゆる「パーディー・シャッフル」を発明した革新者でもあります。このドラマーは、そのキャリアにおいて、ニーナ・シモン、アレサ・フランクリン、ボブ・マーリーなど、多くの成功したアーティストとコラボレートしています。
Getty Images
19.トニー・ウィリアムズ
トニー・ウィリアムズは、「ロック・ジャズ」と呼ばれる芸術的・音楽的ムーブメントのパイオニアの一人です。 ジャズ・トランペット奏者で作曲家のマイルス・デイヴィスと並び、その地位を確立し、さらに他の音楽グループのリーダーとして活躍しました。
Getty Images
18.ジョセフ・'ジガブー'・モデリスティ
The Meters'の創設者であるジガブー(またはジギー)は、ファンク音楽とそれに続くドラムのスタイル進化における絶対的な革新者とみなされています。バンドを去った後、ジガブーはキース・リチャーズやロン・ウッドなど、音楽シーンで活躍する多くのアーティストとコラボレーションしています。
Getty Images
17.テリー・ボジオ
テリー・ボジオは、1970年代後半にフランク・ザッパとレコーディングやツアーを行い、音楽業界での地位を確立した後、バンド「UK」に参加し、最終的には妻のデール・ボジオと自身のグループ「ミッシング・パーソンズ」を結成します。その後、テリーはデュラン・デュランからジェフ・ベックまで、多くの音楽ジャンルにまたがるアーティストとコラボレーションしています。
Getty Images
16.ビル・ブルフォード
ビル・ブルフォードは、プログレッシブ・シーンの著名なドラマーで、「Yes」の最初の5枚のアルバムに参加し、後に「King Crimson」にも参加しました。ブルフォードは、常に新しいサウンドやテクニックの実験に大きな関心を示し、独自のユニークなスタイルを作り出してきたため、彼のキットの極端な可変性から、ドラムの世界における革新者とも考えられています。
Getty Images
15.バディ・リッチ
バディ・リッチは、ロックからジャズまで、さまざまなジャンルの音楽で多くのドラマーにインスピレーションを与えてきました。彼の同僚であるジーン・クルーパはバディを史上最高のドラマーと呼びました。
Getty Images
14.リンゴ・スター(ザ・ビートルズ)
ビートルズでは、リンゴ・スターはドラムを叩くだけでなく、時にはリードボーカルも務めました。リンゴは左利きですが、右利きのドラムセットを使い、象徴的でまったく個人的なスタイルを作り上げました。
Getty Images
13.D. J. フォンタナ
ドミニク・ジョセフ・フォンタナは、言わずと知れたロックンロールのスターです。1950年代から1960年代にかけてドラマーとして活躍したエルビス・プレスリーのRCAレコードのレコーディングに、460曲以上参加した経歴を持ちます。
Getty Images
12.チャーリー・ワッツ(ザ・ローリング・ストーンズ)
チャーリー・ワッツは、「ローリング・ストーンズ」のオリジナルメンバーの中で、最後にバンドに加入した人物です。ワッツは当初、いくつかのブルースバンドで演奏していましたが、1963年1月にミック・ジャガーと彼のバンド仲間に感銘を受け、「ストーンズ」への加入を希望し、2021年に亡くなるまで一緒に演奏していました。
Gobonobo, Wikimedia Commons
11.ベニー・ベンジャミン
ベニー・ベンジャミンは、モータウン・レコードで最も重要なドラマーの一人で、「Money (That's What I Want)」など多くのヒット曲に携わりました。また、ベンジャミンはスティービー・ワンダーの師匠の一人でもあり、彼のドラムの腕前はベンジャミン自身の手柄であるとしています。
Getty Images
10.スチュワート・コープランド(ザ・ポリス)
「ポリス」の結成メンバーであるスチュワート・コープランドは、バンドのサウンドを唯一のものにすることに貢献しました。解散後は、「クラーク・ケント」というペンネームでソロ活動も行っていました。
Stax, Wikimedia Commons
9.アル・ジャクソンJr.
アル・ジャクソン・ジュニアは、ソウル・レーベル「スタックス」の歴史的なターンテーブルドラマーです。その腕前から「人間クロノメーター」と呼ばれ、彼のリズムはファンクやヒップホップのインスピレーションとなりました。
A. Vente, Wikimedia Commons
8.ミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)
ジョン・グラハム・ミッチェルは、トリオ「ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス」の歴史的ドラマーです。ジミ・ヘンドリックスとのコラボレーションの後、ミッチェルはジョン・マクラフリン、ラリー・コリエル、ジェフ・ベック、マディ・ウォーターズといった他のギターの巨匠たちと長年にわたって仕事をすることになりました。
William P. Gottlieb, Wikimedia Commons
7.ジーン・クルーパ
ジーン・クルーパは、ジャズを代表するミュージシャンの一人です。それまで伴奏としか思われていなかった楽器に、いち早くドラムソロを提案したのもクルーパです。
Getty Images
6.クライド・スタブルフィールドとジョン・'ジャボ'・スタークス
スタブルフィールドとスタークスは、ジェームス・ブラウンの歴史的なドラマーです。互いに異なりますが、それぞれが独自の方法でブラウンのスタイル進化に貢献し、その貢献は「Cold Sweat」「Superbad」「Funky Drummer」といった楽曲に表れています。
Getty Images
5.ハル・ブレイン
ハル・ブレインは、1960年代から1970年代にかけて、音楽界で最も需要のあったセッション・ドラマーです。さらに、ブレインは歴史上最も多作なドラマーであり、35,000曲以上の楽曲で演奏したと言われています。彼の最も有名なコラボレーションは、エルビス、フランク・シナトラ、ビーチ・ボーイズとのものです。
Getty Images
4.ニール・パート(ラッシュ)
ニール・パートは、観客、評論家、その他のミュージシャンから、史上最高のロックドラマーの一人として評価されています。特に、コンサートでは最高のソリストの一人であったと考える人が多いようです。しかし、ニールは単なるドラマーではありません。実際、「ラッシュ」の曲の歌詞のほとんどは、彼によって書かれたものなのです。
Getty Images
3.ジンジャー・ベイカー(クリーム)
ジンジャー・ベイカーは、イギリスのいくつかのバンドのメンバーでしたが、「クリーム」で人気のピークを迎えました。 ベイカーは、巧みで非常に長いソロでも知られていました。
Getty Images
2.キース・ムーン (ザ・フー)
2位は、「ザ・フー」の歴史的ドラマーで、芸術的な創造性にあふれたスタイルが特徴です。 ムーンは多くのドラマーのアイドルであり、その一人がフィル・コリンズで、「ジェネシス」の元ドラマーは「ザ・フー」と共演するのが夢だと明かしています。
Getty Images
1.ジョン・ボーナム(レッド・ツェッペリン)
その頂点に立つのがジョン・ボーナムです。多くの音楽ファンによれば、彼はロックにおけるドラムの演奏方法を永遠に変えてしまったと言われています。ボーナムのスタイルはユニークで、創造性、テクニック、そしてある種の攻撃性を完璧に融合させたサウンドでした。「レッド・ツェッペリン」のすべてのアルバムは、ボーナムのユニークなサウンドで特徴付けられ、それが他の多くのロック・ドラマーやその他の人たちに影響を与えました。
タブレットPCとテクノロジーガジェット
14/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.