区分け

史上最高のギタリストたち。ローリングストーン誌のトップ15

音楽雑誌「ローリングストーン」2003年9月18日号(931ページ)にて、「史上最高のギタリスト100人」が発表された。このリストは、主に米国のロック、ブルース、ジャズのギタリストで構成されており、音楽史上最高のアーティストがいるものの、ある順位は不公平だと感じている人もいるようだ。

このランキングは、8年後にローリングストーン誌によって改訂された。具体的には、2011年12月8日号に新しいランキングが掲載された。それがこのベスト20である。

明らかに、音楽ほど主観的なものはなく、このリストが必ずしもほかのミュージシャンより優れているということを示すものではない。しかし、それぞれが個人的な、自分にとって最高の見解を持っているのである。

Getty Images
史上最高のギタリストたち;ローリング・ストーン誌のトップ20
音楽雑誌「ローリングストーン」2003年9月18日号(931ページ)にて、「史上最高のギタリスト100人」が発表された。このリストは、主に米国のロック、ブルース、ジャズのギタリストで構成されており、音楽史上最高のアーティストがいるものの、ある順位は不公平だと感じている人もいるようだ。このランキングは、8年後にローリングストーン誌によって改訂された。具体的には、2011年12月8日号に新しいランキングが掲載された。それがこのベスト20である。明らかに、音楽ほど主観的なものはなく、このリストが必ずしもほかのミュージシャンより優れているということを示すものではない。しかし、それぞれが個人的な、自分にとって最高の見解を持っているのである。
Getty Images
20.Carlos Santana
最初のトップ20を飾るのは、Carlos Santana。このメキシコ人のrock ギタリストは、fusion音楽の初期革新者の一人で、クラシックからblues 、salsa まで、異なるジャンルを混ぜ合わせている。Santana のソロは世界で最も人気があり、彼ほどギターを使った実験的な演奏をできる人はほとんどいない。
Getty Images
19.James Burton
James Burton は、Elvis Presleyの歴史的なギタリストで、1969年から亡くなるまで、liveでの rock and roll の王として演奏をしていた。Burton は、そのキャリアを通じて、 Roy Orbison から Joni Mitchellまで、多くの国際的に有名なアーティストと仕事をした。 
Thomas Faivre-Duboz Paris, Wikimedia Commons
18.Les Paul
Les Paul は熟練したギタリストであっただけでなく、発明家でもあった。もちろん、彼は自分の名前を冠した(Gibson Les Paul )ギターの有名な製作者でもある。多くのミュージシャンがLes Paulを使用または使用していた。その中には、Eric Clapton, Mark Knopfler, Jimmy Page, Jeff Beck, Gary Rossington,Slashなどがいる。
Getty Images
17.Neil Young
Neil Young は、若くして歴史的なバンドBuffalo Springfield でデビューした後、1970 年代以降、最も影響力のあるアーティストの一人としての地位を確立した。Neil Young は、唯一で多彩なシンガーソングライターで、彼の音楽を一つの音楽ジャンルに分類することは不可能である。実際、多くの人がYoung はpunk やgrunge の先駆けとも考えているのである。
Getty Images
16.Derek Trucks
Derek Trucks はDerek Trucks Band とTedeschi Trucks Bandを結成した。また、このギタリストは、叔父のButch Trucks がドラマーだった歴史的なグループThe Allman Brothers Band のメンバーでもあった。通常、Derek はピックを使わず、指で直接弦に触れて演奏することを好んでいる。
Lionel Decoster, Wikimedia Commons
15.Freddie King
フレディ・キングは、エリック・クラプトンに影響を与えた一人であり、ブルース・ミュージックの革新者の一人とみなされている。彼の知人によると、42歳という早すぎる死は、あまりに多くのコンサートをこなしたストレスが原因だったという。フレディは1年に300日も演奏していたのである。
Getty Images
14.David Gilmour (Pink Floyd)
ピンク・フロイドでのキャリアに加え、ギルモアは他のアーティストのレコード・プロデューサーになりながら、ソロ活動も行っていた。Classic Rock誌によると、「Comfortably Numb」でのギルモアのソロは、ロック音楽の中で歴代2位の出来栄えであるという。
Getty Images
13.Albert King
アルバート・キングは、B.B.キング、フレディ・キングと並ぶブルース・ギターの三大王の一人である。アルバートは、綿花農園で働くために家族でアーカンソー州に移住した、わずか16歳でギターを弾き始めた。
Bbadventure, Wikimedia Commons
12.スティーヴィー・レイ・ヴォーン
スティーヴィー・レイ・ヴォーンは、米国のブルース界に最も影響を与えたミュージシャンの一人と言われている。わずか35歳で亡くなり、スタジオ・アルバム4枚とライブ・アルバム1枚のみのリリースにもかかわらず、その名声は偉大である。
Getty Images
11.George Harrison (The Beatles)
ジョージ・ハリスンがビートルズと共に作曲した代表曲には、"While My Guitar Gently Weeps", "Something", "Here Comes the Sun "がある。グループ解散後、ハリソンは12枚のソロアルバムを発表し、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ジェフ・リン、トム・ペティなど多くのミュージシャンとコラボレーションしている。
Getty Images
10.Pete Townshend (The Who)
ピート・タウンゼント、1945年ロンドン生まれ。ザ・フーのリーダーであり、長年ギタリストを務めている。グループのために100曲以上を作曲したが、並行してソロ活動も行っている。また、キーボード、アコーディオン、ウクレレ、マンドリン、バイオリン、シンセサイザー、ドラムなど、多くの楽器を演奏することができる。
Getty Images
9.Duane Allman
ギターの即興演奏で有名なオールマンは、弟のグレッグとともにオールマン・ブラザーズ・バンドというグループを結成した。しかし残念ながら彼は、24歳という若さでバイク事故で亡くなってしまった。当時、「イート・ア・ピーチ」のレコード制作に取り組んでいる最中での出来事だった。
Carl Lender, Wikimedia Commons
8.Eddie van Halen (Van Halen)
エディ・ヴァン・ヘイレンはギターの使い方の革新者であり、特にタッピングというテクニックを完成させたことで知られている。1983年にはクインシー・ジョーンズのプロデュースでマイケル・ジャクソンの「Beat It」のソロを担当するなど、他のアーティストのセッション・プレイヤーとしても活躍している。
Getty Images
7.Chuck Berry
チャック・ベリーは、ロックの創始者の一人であり、ロックンロールの神話の真髄の一人であると誰もが考える。そのとおり彼の曲は、ギターをメイン楽器とした最初の曲を作っている。
Getty Images
6.B.B. King
B.B.キングは、ブルースの最も重要な表現者の一人である。特に、ルシールという愛称で呼ばれる彼のギターによって、このアーティストはアイコン的存在にもなった。B.B.キングはそのキャリアにおいて、グラミー賞を14回受賞している。
ANSA Foto
5.Jeff Beck
彼は2023年初頭に亡くなったが、彼の音楽的遺産は永遠に私たちの心に残り続けるであろう。ジェフ・ベックは、ブルースからヘビーメタル、フュージョン、ハードロックまで、実に多くのジャンルの音楽でギターを使う試みをしていた。1965年には、エリック・クラプトンを失ったばかりのヤードバーズにもスカウトされた。
Getty Images
4.Keith Richards (The Rolling Stones)
キース・リチャーズは、ローリング・ストーンズにおいて常に基本的な役割を担ってきた。リズムを作り、即興演奏を行い、ストーンズの特徴であるラフでダーティなサウンドを楽曲に与えるのは彼である。また、1964年以来、ミック・ジャガーとともにグループの曲を書き続けている人物でもある。
Getty Images
3.Jimmy Page (Led Zeppelin)
AllMusicによると、ペイジは主要なハードロッククリエイターの一人と考えられているが 、ギタリストは自分の音楽がヘビーメタルに分類されることを好まないと繰り返し表明している。10代の頃からイギリス全土で最も需要のあるターナーの一人であり、また、権威あるロックの殿堂に2度入った数少ないミュージシャンの一人である。
Getty Images
2.Eric Clapton
クラプトンは長いキャリアの中で、数多くのグループのメンバーとして活動してきたが、主にソロとして、ブルース、サイケデリックロック、レゲエ、ポップロックなど、様々な音楽スタイルを長年にわたって試みて、その地位を確立してきた。13歳のときに初めてギターを手にしたクラプトンは、弾き方を覚えるのがとても難しく、当初はギターを捨てようと思ったと言う。
Getty Images
1.Jimi Hendrix
ジミ・ヘンドリックスは、ロック音楽におけるエレクトリック・ギターの革新的な使い方をした人物の一人である。幼いヘンドリックスが初めて手にした楽器は、母親の死後、父親から贈られた右利きのギターで、彼は左利きだった。彼はすぐにそれを逆にして演奏することを学び、この習慣が彼のキャリア全体を特徴づけた。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
25/06/2024
クレイジー・ピープル
23/06/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
22/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.