過去から

The Dark Side Of The Moon』発売から50年:2023年に半世紀を迎える他の伝説的なアルバムたち

音楽史を塗り替えた伝説のアルバムが発売されてから50年も経っているとは思えないほど、世界中で最も聴かれているアルバムです。

これらのレコードが生産され、国際市場で販売されたのは1973年のことでした。50年前のレコードは、曲だけでなく、ジャケットのデザインだけでもわかるような、象徴的な歴史があります。

ここでは、2023年に半世紀を迎える歴史的なレコードをご紹介します。

Artwork
2023年に50年を迎えるレコードの歴史的記録
音楽史を塗り替えた伝説のアルバムが発売されてから50年も経っているとは思えないほど、世界中で最も聴かれているアルバムです。これらのレコードが生産され、国際市場で販売されたのは1973年のことでした。50年前のレコードは、曲だけでなく、ジャケットのデザインだけでもわかるような、象徴的な歴史があります。ここでは、2023年に半世紀を迎える歴史的なレコードをご紹介します。写真ギャラリーをご覧ください。
Artwork
The Dark Side of The Moon - Pink Floyd
あまり紹介する必要はないでしょう。「The Dark Side of The Moon」は、内なる葛藤、お金との関係、時間の経過、死、自分以外のものとの葛藤、精神的疎外感というテーマで曲がつながっている、非常に有名なアルバムです。このアルバムは全世界で74のプラチナ・レコードに認定され、そのうち米英両国で15を獲得しました。アルバムは、米国では1973年3月1日に、英国では3月23日に発売されました。
Artwork
Tres Hombres - ZZ Top
このアルバムから有名な曲「La Grange」を出し、テキサス・バンドの名声をさらに拡大させ、世界中に多くの新しいファンを獲得することができました。多くの評論家によれば、「Tres Hombres」はZZ Topのキャリアにおけるベストアルバムと言われています。
Artwork
Innervisions - Stevie Wonder
「Innervisions」はグラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤー、ベスト・エンジニアド・ノン・クラシック・レコーディング部門を受賞しました。ローリング・ストーン誌が選ぶ“史上最高のアルバム500枚”で23位にランクインしました。
Artwork
Quadrophenia - The Who
「Quadrophenia」は、ジミーという青年が自尊心と自己価値を求めて旅する姿を描いた有名なコンセプトアルバムです。1979年、このアルバムから同名の映画が作られ、その製作総指揮はザ・フーでした。
Artwork
Tubular Bells - Mike Oldfield
「Tubular Bells」は、イギリスのミュージシャン、マイク・オールドフィールドのデビュー・アルバムです。映画『エクソシスト』のオープニングテーマの一部とアルバム第1部からの抜粋が、ウィリアム・フリードキン監督によって使用され、これによってアルバムは大きな注目を浴び、最終的にはイギリスのセールスチャートで1位を獲得しました。
Artwork
Let's Get it On - Marvin Gaye
マーヴィン・ゲイの16枚目のスタジオ・アルバム「Let's Get it On」は、スピリチュアルな雰囲気に浸りながら、数々の露骨な言及をした特異なアルバムです。このアルバムは、後年、R&B音楽の試制作を行ったアーティストに最も影響を与えた1枚とされています。
Artwork
Selling England By The Pound - Genesis
1969年から1974年の5年間にジェネシスがピーター・ガブリエルと作ったアルバムの中で、全英チャートで3位を記録したベストセラー。このアルバムのジャケットは、イギリスの画家ベティ・スワンウィックの絵画「ザ・ドリーム」からです。ピーター・ガブリエルは、この絵からインスピレーションを受けて「I Know What I Like (In Your Wardrobe)」の歌詞を書いたといいます。
Artwork
Aladdin Sane - David Bowie
全世界で460万枚を売り上げたこのレコードは、ボウイにとって最大の商業的成功作の一つであり、UKチャートで初めてトップに立ち、アメリカではトップ20入りを果たした作品です。「Aladdin Sane」は、ボウイが常に魅了されていたアメリカという土地に降り立ったヨーロッパ人の理想的な旅行記を表現しています。アルバム・ジャケットには、デヴィッド・ボウイのキャリアの中で最も有名なイメージのひとつが採用されています。
Artwork
Catch a Fire - The Wailers
ボブ・マーリー率いるバンドの6枚目のスタジオ・アルバムで、ローリング・ストーンの選ぶベスト・アルバム500の126位にランクインしています。「キャッチ・ア・ファイヤー」の根底にあるテーマは、マイノリティが受ける抑圧から解放された、楽観的な未来像です。
Artwork
Piano Man - Billy Joel
「Piano Man」は、シンガーソングライターであるビリー・ジョエルの2枚目のスタジオアルバムです。このアルバムはアメリカでトリプルプラチナを獲得し、ジョエルの代表曲の一つである同名の曲「Piano Man」が収録されています。
Artwork
Billion Dollar Babies - Alice Cooper
このアルバムは、アリス・クーパーの膨大なディスコグラフィーの中でも特に有名で、「Elected」「No More Mr Nice Guy」「I Love The Dead」など、シンガーの代表的な楽曲が収録されています。
Artwork
Band on the Run - Paul McCartney & Wings
このアルバムはウイングス最大のヒットとなり、元ビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーのソロ・キャリアの中で、今でも最高傑作と言われています。アップル・レコードから発売されたマッカートニーのアルバムは、これが最後となりました。
Artwork
Goodbye Yellow Brick Road - Elton John
1973年、エルトン・ジョンは、1月に1枚目、10月に2枚目のアルバム、すなわち「Goodbye Yellow Brik Road」をリリースしました。この2枚組アルバムは、シンガーソングライターのキャリアの中でも最も高く評価され、全米チャートで8週間、全英チャートで2週間首位に立ち続けました。そして、オーストラリアでは、今日に至るまで、最も売れたレコードの1つです。このレコードの中で最も有名な曲は、1997年にダイアナ妃に敬意を表してエルトン・ジョンが改作した有名な「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」です。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.