区分け

ユーロビジョン2023:決勝戦の曲とその意味

2023年、毎年のように、世界最大級の音楽イベント「ユーロビジョン」が開催されます。今年は、イギリスのリバプールが開催地に選ばれ、5月9日から13日まで開催され、最終日の夜に最高潮を迎える予定です。参加国は37カ国で、それぞれユーロビジョンの代表が選ばれます。リバプール市は、トリノで開催された前回大会でウクライナが優勝したことから、開催地として選ばれました。では、どの国が決勝に進出したのか見てみましょう。

Getty Images
クロアチア -Let 3 -Mama šč!
Let 3 は「Mama šč!」を歌います。この曲は反戦賛歌であり、独裁者を風刺したものです。タイトルはロシア語のアルファベットの「Shcha」にちなんでおり、グループによれば、この文字はハルマゲドンの後に地球を破壊するロケットの上にあるといいます。この曲はクロアチアで大ヒットを記録しました。
Getty Images
ベルギー -Gustaph -Because of You
「Because of You」は、Stef Caersのキャリアを再スタートさせることを目的とした音楽プロジェクトです。この曲は、ユーロビジョンの精神であるインクルージョンとブラザーフッドに沿った、自分自身と身近な人を愛する賛歌です。
Getty Images
Albania -Albina & Familja Kelmendi -Duje
ケルメンディ一家が歌う「Duje」。この歌は、危機に瀕した家族が、特に子供たちを苦しめ、自分たちにとって大切な家族という単位を失いたくないという気持ちを歌っています。
Getty Images
ポーランド -Blanka Solo
この曲はブランカが他の作家と一緒に作ったもので、単調な恋愛よりも一人でいる方が楽しいという考えを喝破しています。また、性的自由を謳歌する曲でもあります。
Getty Images
キプロス -Andrew Lambrou -Break a Broken Heart
「Break a Broken Heart」は、恋愛が終わった後に前に進む強さを歌ったバラードです。ランブローは、この曲が人々に闘志を起こさせ、以前よりも強く灰の中から立ち上がることを望むと表明しました。
Getty Images
オーストラリア -Voyager -Promise
ロックとエレクトロニクスの要素を併せ持つこのバンドは、これまでソロシンガーしか派遣していなかったオーストラリアが、このコンテストに初めて代表として参加した音楽グループです。この曲の歌詞は、新しい体験に挑戦し、冒険にふけることを呼びかけ、聴く人に忘れられない体験を約束します。
Getty Images
アルメニア -Brunette -Future Lover
Elen Yeremyanが「Future Lover」を作詞作曲し、歌うことになりました。歌詞は英語ですが、締めくくりはアルメニア語です。未来のパートナーへのラブレターをテーマに、二人の関係への希望や願いを表現しています。
Getty Images
スロベニア -Joker Out -Carpe Diem
「Carpe Diem」は、フロントマンのBojan Cvjetićaninが他のバンドメンバーと共に書いた曲です。この曲は、人生のチャンスを逃すことなく、その瞬間をとらえようと呼びかけています。この曲は、Radiotelevizija Slovenijaによって選ばれました。
Getty Images
フランス -La Zarra Évidemment
フランス在住のモロッコ系カナダ人のポップスターであるザラは、ユーロビジョン2023に同国代表として出場します。曲「Évidemment」は、複数の作家によって書かれたもので、叶わぬ恋の幻想に焦点を当て、それが主人公を不可逆的に変化させます。
Getty Images
イタリア -Marco Mengoni Due vite
マルコ・メンゴーニは、主人公たちの体験を通して発展していく関係を語っています。サンレモ音楽祭で発表された原曲に対して、最長3分のルールに準拠するように修正されています。
Getty Images
エストニア -Alika -Bridges
アリカは国内フェスティバル「Eesti Laul 2023」の優勝者です。「Bridges」は、泣きながらトイレに閉じこもったあと、ピアノでメロディーを作曲したエピソードから着想を得た、歌手の内なるモノローグです。この曲は、ピアノ・セッションから生まれたスローなメランコリック・バラードです。
Getty Images
チェコ共和国 -Vesna -My Sister's Crown
「My Sister's Crown」は、男女不平等に対抗する女性の団結を讃える曲です。この曲は主に英語で歌われていますが、リフレインは戦争中の国を称えるためにウクライナ語でも歌われています。
Getty Images
オーストリア -Teya & Salena -Who the Hell Is Edgar?
この曲の歌詞は、ゴシック作家のエドガー・アラン・ポーに言及し、現在の音楽業界を型破りな方法で批判しています。この曲は、その物議を醸すような意味合いから、流行しました。
Getty Images
モルドバ -Pasha Parfeni -Soarele şi Luna
モルドバ出身の歌手パシャ・パルフェニは、アンドレイ・ヴァルペとイウリア・パルフェニとともに、星空の下での結婚式をテーマにした歌詞を書き、トランシニストリアへの言及など政治的な意味も込めた、完全モルドバ語による歌詞を作成しました。Parfeniは今回が2度目のユーロビジョン・ソング・コンテスト参加となります。
Getty Images
リトアニア -Monika Linkytė -Stay
「Stay」は、リトアニアのフェスティバル「Pabandom iš naujo」の優勝曲です!歌詞は、痛みを癒すことの難しさを歌ったもので、古代の儀式で使われたリトアニアの民謡が含まれています。モニカはユーロビジョン・ソング・コンテストに2度目の参加となりました。
Getty Images
イスラエル -Noa Kirel Unicorn
「ユニコーン」は、おとぎ話のイメージを使って、自分自身や他者を受け入れ、多様性を祝福する愛のメッセージを広めた曲です。タイトルは、空想上の動物が持つユニークな外見を利用したものです。
Getty Images
セルビア -Luke Black -Samo Mi Se Spava
ルーク・ブラックは、この歌詞はパンデミック時に感じた孤独感や疎外感を語っており、悪は常に潜んでいるから目を覚ます必要があるというメッセージを送っていると述べています。Samo mi se spava」は「私は眠い」という意味です。
Getty Images
ポルトガル -Mimicat -Ai Coração
ミミカットは、ユーロビジョン・ソング・コンテストのポルトガル代表を選ぶ大会「フェスティバル・ダ・コンサオ」で優勝した楽曲を作曲・制作しました。「Ai coração」は、ポルトガルとその多くの影響を讃えた曲で、現代と伝統の要素、ノスタルジアとポップが融合しています。
Getty Images
ノルウェー -Alessandra -Queen of Kings
楽曲「Queen of Kings」は、女性やすべての個人の強さを称え、自分を受け入れることの大切さを訴求しています。バイセクシュアル女性のアレッサンドラは、自身の経験を歌詞のインスピレーションにしました。
Getty Images
スイス -Remo Forrer -Watergun
この曲は、戦争の残酷さと、それが大人の生活でどのように異なる意味を持つかを反映しています。フォーラーは、戦争による破壊と苦痛を前にして、兵士になりたくないと述べています。
Getty Images
ドイツ -Lord of the Lost -Blood and glitter
ロックバンド、ロード・オブ・ザ・ロストは、「Unser Lied für Liverpool」コンクールの優勝者です。歌詞は、輝きと血、甘さと苦さ、幸福と死といった相反するものの組み合わせによって、人生の二面性を表現しています。
Getty Images
スペイン -Blanca Paloma -Eaea
ブランカ・パロマは意外にもベニドーム・フェスで優勝しています。ユーロビジョンにフラメンコが登場するのは40年ぶりとなります。「Eaea」の歌詞は、母親と息子の物語で、宗教的、聖書的な引用を通して、愛と保護を讃えています。この曲は、フラメンコとエレクトロニクスが混ざり合ったものです。
Getty Images
イギリス -Mae Muller I wrote a song
メイミューラーの歌詞は、出張中にパートナーの不倫が発覚した主人公の苛立ちを歌に託して表現しています。
Getty Images
ウクライナ -TVORCHI -Heart of steel
ウクライナの音楽デュオTvorchiが、ウクライナの戦況に影響を受けて書いた歌詞で、人生の逆境に対する抵抗のメッセージを送っています。
Getty Images
フィンランド -Käärijä -Cha Cha Cha
この曲「Cha Cha Cha」は、完全にフィンランド語で、一日が終わりに近づき、唯一したいことは、cha cha cha と一緒に踊って楽しむことだ、という内容です。メインテーマは、抑制を取り除き、問題を忘れることです。
Getty Images
スウェーデン -Loreen Tattoo
この曲「Tattoo」は、過去の恋と、歌い手の「愛されたい」という気持ちを歌ったものです。しかし、その情熱の時間は終わり、彼女は一緒に過ごした幸せな時間を振り返ることを余儀なくされます。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.