過去から

電気ショック、大学ラジオ、サングラス:今日で81歳になるルー・リードの興味深い事実のすべて

ルイス・アラン・リードは、1942年3月2日、ニューヨーク州ブルックリンのベス・エル病院で、ユダヤ人の家庭に生まれました。1960年、リードはシラキュース大学に入学し、ジャーナリズム、映画監督、創作を学び始めました。

ここで1964年、クラシック音楽を学ぶために渡米したばかりのウェールズ人作曲家ジョン・ケイルと出会い、のちにヴェルヴェット・アンダーグラウンドを結成することになります。

ルー・リードは、2013年10月27日、肝臓移植に伴う合併症のため71歳で死去しました。音楽だけでなく、彼の芸術は不滅です。ここでは、ルー・リードの並外れた激しい人生について、あなたが知らなかったかもしれない興味深い事実をいくつか紹介します。

Getty Images
ルー・リードは今日で81歳に
ルイス・アラン・リードは、1942年3月2日、ニューヨーク州ブルックリンのベス・エル病院で、ユダヤ人の家庭に生まれました。1960年、リードはシラキュース大学に入学し、ジャーナリズム、映画監督、クリエイティブ・ライティングを学び始めました。1964年、ルーはそこで、クラシック音楽を学ぶために渡米したばかりのウェールズの学生、ジョン・ケイルと出会い、彼とともに後にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを結成することになります。ルー・リードは、2013年10月27日、受けた肝臓移植の合併症により71歳で死去しました。音楽だけでなく、彼の芸術は不滅です。ここでは、ルー・リードの並外れた激しい人生について、あなたが知らなかったかもしれないいくつかの出来事を紹介します。
Getty Images
ルーの複雑な思春期
ミュージシャン自身が語っているように、ルーはわずか17歳のとき、両親から電気ショック療法を受けさせられました。両親によると、それは彼の中に現れていた両性愛を癒すために必要なことだったといいます。この出来事はリードにとって大きなトラウマとなり、彼はこの劇的な体験をいくつかの曲、特に1974年の曲「Kill Your Sons」の中で語っているほどです。それ以後、彼は自分のセクシュアリティを自由に生き、常にパンセクシュアルであると宣言しています。
Getty Images
ラジオ番組の司会をきっかけに音楽に目覚める
シラキュース大学時代、後にヴェルヴェット・アンダーグラウンドのフロントマンとなるルーは、ラジオ局WAERで「Excursions On A Wobbly Rail」という深夜ラジオ番組の司会を務めていました。放送中、ルーはリズム&ブルースやジャズの曲を流し、この方法でシンガーは音楽を好きになり始めました。ジャズの影響は「ワイルドサイドを歩け」などリードの曲の多くで聴くことができます。
Getty Images
デヴィッド・ボウイとの愛憎関係
アンディ・ウォーホルのファクトリーによく出入りしていたデヴィッド・ボウイとルー・リードは親しい友人でした。1972年、リードの最初のソロ・アルバム『トランスフォーマー』をプロデュースしたのもボウイでした。しかし、この二人は長年にわたって衝突を繰り返し、例えば、1987年、ロンドンでのディナーの席で、リードはボウイに新譜のプロデュースを依頼しましたが、デヴィッドは、ルーがずっとシラフであることを条件にイエスと答え、殴り返したといいます。また、1979年には、バーのテーブルで、元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはボウイに「怒鳴るのをやめてくれ」と言ったことに対して反応が悪く、そこから2人の対決が始まったらしいのです。いずれにせよ、リードが亡くなったとき、ボウイは悲しんだといい、彼の友人そして敵だったリードはマスターであったと言いました。
Getty Images
Lou Reed はスタイルアイコンだった
特に若い頃のルーは、その着こなしから、追いかけるべきアイドルとされていました。特に、黒い革ジャンにジーンズ、そして濃い色のティアドロップ型サングラス(レイバンやルイ・ヴィトンのブランドであることが多い)をよく着用していました。サングラスはリードの生涯にしばしば必要なアイテムでした。シンガーソングライターはインタビューで、コンサート中にサングラスをかけるのは、観客の目を見ることができないからだと語ったことがあります。
Getty Images
ルー・リードは東洋医学、特に太極拳に情熱を傾けていた
1990年代以降、ルーはチベット仏教と太極拳に熱中し、2000年代からは僧侶のヨンゲイ・ミンギュル・リンポチェの教えを守っていました。また、公の場で太極拳の練習をすることもしばしばありました。死の1時間前まで、リードは太極拳、特に水の流れを表す第二十一式の練習をしていたと言うことです。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.