文字

ダディ・ヤンキー、本日46歳:レゲトンの王に関する5つの興味深い事実

Ramón Luis Ayala Rodríguez通称 Daddy Yankee、1976年2月3日、プエルトリコの首都サンフアンの最大地区リオ・ピエドラで生まれました。

歌手、ラッパー、映画プロデューサー、企業家であるDaddy Yankee ダディ・ヤンキーは、Reggaeton レゲトンの王とみなされています。彼のおかげで、この音楽ジャンルは世界的に確立され、多くのシンガーにインスピレーションを与えているのです。

今日、Daddy Yankee は46歳になりました。Reggaeton の王についての5つの興味深い事実(あなたが知らないかもしれない)を紹介します !

Getty Images
Happy birthday toDaddy Yankeeダディ・ヤンキー誕生日おめでとう!
Ramón Luis Ayala Rodríguez別名Daddy Yankee ダディ・ヤンキー、1976年2月3日、プエルトリコの首都San Juan の最大の地区であるRío Piedras で生まれました。歌手、ラッパー、映画プロデューサー、企業家であるDaddy Yankee は、Reggaeton の王とみなされています。彼のおかげで、この音楽ジャンルは世界的に確立され、多くのシンガーにインスピレーションを与えているのです。今日、Daddy Yankee は46歳になりました。Reggaeton の王についての5つの興味深い事実(あなたが知らないかもしれない)を紹介します !
Getty Images
なぜ彼はKing ofReggaeton と言われるのか?
Reggaetonは プエルトリコ生まれで、Daddy Yankee は、この音楽ジャンルの世界的普及に最も貢献した歌手の一人です。長年、この歌手はDon Omar と共にReggaeton の王者の座を争ってきました : 2016年には、この2人のミュージシャンはThe Kingdom World Tour と題したコンサートシリーズを一緒に企画したほどです。しかし、1991年にReggaeton という言葉を初めて口にしたのはまさしくDaddy Yankee で、So' Persigueme という曲の中でした。
Getty Images
Despacitoの驚異的な記録
Daddy Yankee はGasolina 、Limbo、Con Calma など、多くのヒット曲を生み出しています。Luis Fonsiによって歌われた曲 Despacito は、非常に多くの記録を達成しました。例えば、このシングルのビデオクリップは  YouTubeで80億回以上再生され、史上2番目に多い動画となっています。また、世界47カ国以上のベストセラー・シングル・チャートで首位を獲得し、プラチナディスク43枚、ダイヤモンドディスク11枚を獲得しています。
Getty Images
baseball選手になるという夢を抱いていた
音楽に熱中する以前、Daddy Yankee は、baseball の大ファンでした。実際、彼の夢の1つは、Major League Baseball のプレーヤーになることだったのです。しかし、若い頃、足に銃弾を受け、そのためにスポーツを続けることができず、現在もその事故のためにまともに歩くことができないでいます。
Getty Images
俳優としても活躍
キャリアを通じて、Daddy Yankeeは時折、俳優としても活躍しています。例えば、2010年には、アメリカの有名なsoap opera The Bold and the Beautiful に guest star として出演しています。
Getty Images
2022年、音楽界からの引退を発表した
本当でしょうか?2022年3月、Daddy Yankee は、最新アルバム「Legendaddy 」のリリース後、音楽活動からの引退を発表しました。32年のキャリアを経て、仕事の成果を享受したいと説明しました。しかし、King ofReggaeton は、レコード会社El cartel Records を所有しているため、今後も音楽との関わりを持ち続けることになるでしょう。彼がこの決断を貫くかどうか、誰にもわからないのです。
ハリウッドニュース
12/06/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
12/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.