CURIOSITIES

音楽とワイン:ワイン生産者の歌手とは?

多くの歌手は、レコード制作や長いツアーで忙しい時以外は、特別な趣味を育んでいます。

田舎とワインに情熱を持ち、それを経済的な投資に変えようと決心し、起業家になった人もいます。

ワインは農業であり、何世紀にも遡る文化、歴史、社会性を持ち、ここ数十年は環境維持の代名詞でもあります。

赤ワインから白ワイン、ロゼワインまで、余暇をワイン生産に捧げる歌手たちを紹介しましょう。

Getty Images
多くの歌手がブドウ栽培に情熱を注ぐ
多くの歌手は、レコード制作や長いツアーで忙しくしている時以外は、特別な趣味を育んでいます。 田舎やワインに情熱を持ち、それを経済的な投資に変えようと決心し、起業家になった人もいます。
Getty Images
スティング
ポリスの元フロントマンであるスティングは、1997年、妻とともにトスカーナに農地を購入し、ワインビジネスを始めました。ここでスティングはキャンティやその他のワインの生産に専念しています。彼の最高級ワインの中には、赤の「メッセージ・イン・ア・ボトル(ポリスの有名な曲にちなんで)」や「シスター・ムーン(彼のソロ曲のひとつにちなんで)」などもあります。
Getty Images
ジョン・ボン・ジョヴィ
2017年以来、ボン・ジョヴィのフロントマンは「Diving into Hampton Water」というワインを生産しています。これはグルナッシュ、サンソー、ムールヴェードルをブレンドしたロゼで、フランスのワイン醸造家ジェラール・ベルトランのアドバイスで、ジョンと息子のジェシーとのコラボレーションから生まれました。このワインは『ワイン・スペクテーター』誌で2018年の年間ベスト・ロゼに選ばれ、同誌はこのワインを2018年のベスト・ワイン100にも選出しました。
Getty Images
ミック・ハックノール
2007年、シンプリー・レッドのフロントマンはシチリアに農地を購入し、そこで上質の「ネロ・ダーヴォラ」を売り出しました。ワイナリーの名前は「イル・カンタンテ」で、このワインはエトナ山の麓の肥沃な土地で生産されました。
Getty Images
マドンナ
この象徴的なポップスターは、「チッコーネ・ヴィンヤード&ワイナリー」を所有する父親の跡を継ぎました。2000年代初頭、マドンナは父親のワイナリーの大部分を引き継ぎ、シャルドネの生産に専念しました。ワイナリーはしばしば限定ボトルやマドンナ自身をフィーチャーした唯一の作品を生産しました。
Getty Images
アンドレア・ボチェッリ
イタリアのテノール歌手はトスカーナ生まれで、彼のワイン事業はもちろん故郷に拠点を置いています。ボチェッリは歴史的な「サンジョヴェーゼ」や「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」を含む7種類のワインの生産に携わっています。
ANSA
メアリー・J・ブライジ
メアリー・J・ブライジは短期間、ワインにも力を注ぎました。特に、このシンガーソングライターは「太陽の女神ワイン」と呼ばれる2種類の限定ボトルを生産しました。これらのワインはとても素晴らしいもので、銅色のピノ・グリージョと、北イタリアのワイナリー「ファンティネル」とのコラボによるソーヴィニヨン・ブランを作りました。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
25/06/2024
クレイジー・ピープル
23/06/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
22/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.