区分け

ローリングストーン誌の読者が選ぶ「最も悲しい歌」10選

音楽雑誌『Rolling Stone』が行ったアンケートで、読者が考える「最も悲しい曲ベスト10」が発表された。

悲しみは時に美しさと同義語になる。実際、これらの曲はメランコリックな歌詞とメロディにもかかわらず、多くの人に愛されている。

音楽は、複雑な状況の中で私たちを助け、感情を揺さぶる重要な役割を果たすときがある。音楽ほど主観的で個人的なものはなく、それぞれの曲は異なる人々に異なる感情を呼び起こすことができるのでだ。

Getty Images, Wikimedia Commons
ローリングストーン誌の読者が選ぶ「最も悲しい歌」10選
音楽雑誌『Rolling Stone』が行ったアンケートで、読者が考える「最も悲しい歌ベスト10」が発表された。悲しみは時に美しさと同義語になる。実際、これらの曲はメランコリックな歌詞とメロディーを持つにもかかわらず、多くの人に愛されている。音楽ほど主観的で個人的なものはなく、それぞれの曲は異なる人々に異なる感情を呼び起こすことができるのだ。
WSM radio, Wikimedia Commons
10. Hank Williams – I’m So Lonesome I Could Cry (1949)
ウィリアムズは、妻オードリー・シェパードとの波乱に満ちた関係の失敗からインスピレーションを得て、"I’m So Lonesome I Could Cry"を書いた。また、ローリングストーン誌によると、この曲は歴史上最も美しい曲の111位にランクインしている。
Rex Aran Emrick, Wikimedia Commons
9.Alice In Chains – Nutshell (1994年)
この曲は、2002年にオーバードーズで亡くなったフロントマンのLayne Staley によって作曲されたもの。この曲は、グループのメンバーが家賃を払わなかったために住居から追い出された後に書かれた。Nutshell の最も有名なバージョンは、1996年の有名なUnpluggedで歌われたものである。
Getty Images
8. John Prine – Sam Stone (1971)
この曲は、薬物中毒に苛まれる戦争帰還兵の歌である。この歌の主人公は家族のもとに帰ってくるが、妻の腕の中にさえ安らぎを見いだすことができない。
Getty Images
7.Pearl Jam – Black (1991)
"Black" は、Pearl Jamのデビュー曲からの抜粋。終わった恋がテーマのこの曲は、コンサートで大声で歌うファンに愛されている、バンドの代表曲のひとつ。
Secisek, Wikimedia Commons
6. George Jones – He Stopped Loving Her Today (1980)
George Jones は、世界最高の countryシンガーの一人だった。" He Stopped Loving Her Today"は、死と結びついた不可能な愛について歌っている。この曲は、2013年、ジョージ・ジョーンズの葬儀で演奏された。
ANSA Foto
5.Nirvana – Something In The Way (1991)
有名なアルバム「Nevermind 」の12曲目、最後の曲である「Something In The Way 」は、 Kurt Cobain が家族と学校を離れ、Aberdeenに定住することなく 、その時間に触発されて書いた自伝的な物語である。
Getty Images
4.Harry Chapin – Cat’s In The Cradle (1974)
"Cat’s In The Cradle" は、フォーク・ロックの真髄を象徴するような曲です。この曲は、父と子の複雑で存在しないような関係を描いており、何か予言めいたものを感じる。実際、Harry Chapinは 、交通事故で死んだため、息子の成長を見ることができなかった。
Getty Images
3.R.E.M. – Everybody Hurts (1993年)
バンドを代表する曲の一つ。人生に失望した人、人生を終わらせたいと願う人に勇気と希望のメッセージを伝えることを目的とした曲である。"Everybody Hurts" はこのように、人と人との連帯と共感のアンセムとなっている。
Getty Images
2.Nine Inch Nails – Hurt (1995年)
"Hurt" は、コンセプトアルバム「 The Downward Spiral」を締めくくる曲。自殺した後、まだ痛みを感じるかどうか確かめるために自分を傷つけるが、それがすべて無駄であることに気づく。2002年のJohnny Cashのこの曲の coverは、ビデオクリップのこともあり、原曲と同じくらい感動的で美しいとされている。
Getty Images
1.Eric Clapton – Tears in Heaven (1992)
史上最も悲しい曲の筆頭に挙げられるのは、イタリア人女性Lory Del Santoとの関係から生まれた息子Conor を偲んでEric Clapton が書いた悲痛な曲である 。Conor がわずか5歳のとき、New York の超高層ビルの53階にあるアパートの窓から転落し、その場で死亡してしまったのである。
クレイジー・ピープル
23/06/2024
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
25/06/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
22/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.