区分け

グラミー賞を最も多く受賞したミュージシャン:ランキング

グラミー賞は、最も権威のある音楽賞であると同時に、エンターテインメント業界において最も重要な賞の一つであるため、一般的には映画界におけるアカデミー賞に相当すると考えられています。

受賞者の選定は、アカデミー賞と同様、専門家である米国のアーティストや音楽産業に携わる技術者の団体「全米レコード芸術科学アカデミー」の会員による投票によって行われます。

歌手だけでなく、レコードプロデューサーや指揮者なども含まれています。今回は最も多く受賞しているミュージシャンを紹介します!

Getty Images
グラミー賞を最も多く受賞したミュージシャン
グラミー賞は、最も権威のある音楽賞であると同時に、エンターテインメント業界において最も重要な賞の一つであり、一般的に映画におけるアカデミー賞と同等と考えられています。受賞者の決定は、アカデミー賞と同様、米国のアーティストや音楽関係者の団体である全米レコード芸術科学アカデミーの専門家の会員の投票によって決定されます。それでは、最も多く受賞したミュージシャンは誰なのか、紹介しましょう!
Getty Images
デヴィッド・フロスト:グラミー賞22回
デヴィッド・フロストが獲得したグラミー賞の中でも、「Classical Producer Of The Year」部門の7つの受賞は際立っています。また、2023年にフロストは「最優秀クラシックソロボーカルアルバム賞」と「最優秀オペラ録音賞」の2つのグラミーを受賞しています。
Getty Images
ヴィンス・ギル:グラミー賞22回
ヴィンス・ギルほどの成功を収めたカントリーアーティストは、そのキャリアにおいてほとんどいないでしょう。長年にわたり、このシンガーソングライターは2600万枚以上のレコードを売り上げ、2010年には、有名なハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにも登録されました。
Getty Images
U2:グラミー賞22回
アイルランドのバンドは、グループによるグラミー賞の最多受賞記録を保持しています。また、サンタナの「スーパーナチュラル」と並んで、U2が史上最もアルバム賞を受賞しています。当該アルバムは2004年の「How to Dismantle an Atomic Bomb」で、「年間最優秀アルバム賞」「最優秀ロックアルバム賞」などを受賞しています。
Getty Images
ジェイ・Z:グラミー賞24回
ジェイ・Zが「ベスト・ラップ・アルバム」部門で受賞したのは、1999年の「Vol.2...Hard Knock Life」の1回だけです。しかし、このラッパーは「ベストR&Bソング」部門で2度受賞しており、両方とも妻のビヨンセと一緒でした。受賞曲は「Crazy in Love」(2004年)と「Drunk in Love」(2015年)です。
Getty Images
カニエ・ウェスト:グラミー賞24回
ラッパーでありレコードプロデューサーでもある彼は、「The College Dropout」(2005年)、「Late Registration」(2006年)、「Graduation」(2008年)、「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」(2012年)で4度「Best Rap Album」部門を受賞しています。
Getty Images
スティーヴィー・ワンダー:グラミー賞25回
グラミー賞を25回受賞したほか、スティーヴィー・ワンダーは1985年、映画『ウーマン・イン・レッド』のサウンドトラックに収録された楽曲「アイ・ジャスト・コールド・トゥ・セイ・アイラブユー」でアカデミー賞を受賞しています。
Getty Images
ジョン・ウィリアムズ:グラミー賞25回
ジョン・タウナー・ウィリアムズは、映画界で最も有名なサウンドトラックのいくつかを制作してきた指揮者です。実際、ウィリアムズは「スター・ウォーズ」、「ジュラシック・パーク」、「ハリー・ポッター」など、成功したサガの音楽を数多く作曲しています。さらに、ウィリアムズは、1972年の「屋根の上のバイオリン弾き」、1976年の「ジョーズ」、1978年の「スター・ウォーズ」、1983年の「E.T. the Extra-Terrestrial」、1994年の「シンドラーのリスト」で5回受賞しています。
Gerrits, Roland / Anefo, Wikimedia Commons
ウラジミール・ホロウィッツ:グラミー賞25回
ウラジーミル・ホロヴィッツは、ウクライナの作曲家でアメリカに帰化したピアニストであり、古今東西の音楽作品を演奏することを好みました。実際、ホロヴィッツは批評家や専門家から、史上最高のピアノ・ヴィルトゥオーゾの一人と評価されています。
Franganillo, Wikimedia Commons
ピエール・ブーレーズ:グラミー賞26回
フランス生まれのピエール・ブーレーズは、最も有名で才能ある指揮者の一人です。1971年から1977年までニューヨーク・フィルの芸術監督を務め、1971年から1975年まではBBC交響楽団の首席指揮者でした。
Getty Images
チック・コリア:グラミー賞27回
2021年に亡くなったチック・コリアは、ユニークで非常に個性的なピアノ演奏スタイルを採用することができる最高のジャズピアニストの一人と考えられています。長年にわたり、多くのミュージシャンと共演し、特にマイルス・デイヴィスとのコラボレーションは大成功しました。
Getty Images
アリソン・クラウス:グラミー賞27回
歌手であると同時に、アリソン・クラウスは世界最高のバイオリニストの一人とされています。このミュージシャンは、10歳の時に早くも地元のコンクールで数々の賞を受賞し、わずか16歳で初のソロアルバムをリリースしました。グラミー賞では、ジョージ・クルーニーとジョン・タトゥーロ主演の映画「オー・ブラザー、ホエア・アー・トゥー」で「最優秀作曲賞」を受賞しています。
Getty Images
クインシー・ジョーンズ:グラミー賞28回
クインシー・ジョーンズは、グラミー賞のほとんどをレコード・プロデューサーとして受賞しています。実際、音楽史上最も売れたレコード、マイケル・ジャクソンの「スリラー」をプロデュースしたのもジョーンズです。さらに、ジョーンズは歴史的な曲「We Are the World」のプロデュースと演出も手がけました。
Getty Images
ゲオルグ・ショルティ:グラミー賞31回
ハンガリー人でありながらイギリスに帰化したサー・ゲオルグ・ショルティは、世界で最も重要な指揮者の一人でした。1969年から1991年までシカゴ交響楽団、1972年から1975年までパリ管弦楽団、1979年から1983年までロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者も務めました。
Getty Images
ビヨンセ:グラミー賞32回
2023年版グラミー賞で、ビヨンセは4つの賞を受賞し、ランキングでゲオルグ・ショルティを抜き、史上最も受賞数の多いアーティストとなりました。ビヨンセが獲得した最も名誉あるグラミー賞の中には、2010年の「ソング・オブ・ザ・イヤー」部門で「シングル・レディース(プット・ア・リング・オン・イット)」を受賞し、この年、シンガーは他に一晩で6つの賞を獲得することに成功しました。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.