CURIOSITIES

ロック・ミュージックで最も愛されているデュエット曲10選

2人の偉大なアーティストが力を合わせて歌を歌えば、成功は約束されたようなものです。

一流のソングライター同士のデュエットは、そう頻繁に行われるものではなく、それゆえほとんどの場合、記憶に値するものであり、特にミュージシャンたちがデュエットをライブでも披露した場合はなおさらです。

ここでは、ロックの歴史に残る10の特徴を紹介します!

Artwork, Screenshot Videoclip
デュエットが成功するとき
2人の偉大なアーティストが力を合わせて歌を歌えば、成功は約束されたようなものです。一流のソングライター同士のデュエットは、そう頻繁に起こるものではなく、それゆえほとんどの場合、記憶に値するものであり、特にミュージシャンたちがデュエットをライブでも披露した場合はなおさらです。ここでは、ロックの歴史に残る10の特徴を紹介します!
Artwork
クリス・コーネル&エディ・ヴェダー - ハンガー・ストライク
1990年に録音されたこの曲は、大親友アンドリュー・ウッドの死後、コーネルがその死へのトリビュートとして書いたものです。サウンドガーデンのフロントマンと後のパール・ジャムのフロントマンは、この曲のスタジオ録音中に非常に強い友情を築きました。
Artwork
ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン - セイ・セイ
ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンが「ザ・ガール・イズ・マイン」に続いて録音した2曲のデュエットのうちの1曲です。曲はポールが作曲し、マイケルはほとんどの歌詞を書きました。このシングルは1983年末から1984年初頭にかけて6週間ビルボードチャートのトップに君臨し続けました。
Artwork
ロバート・プラント&アリソン・クラウス - Please Read The Letter
元々はロバート・プラントとジミー・ペイジによって録音されたこの曲は、後にレッド・ツェッペリンのフロントマンとバイオリニストで歌手のアリソン・クラウスによって再録音されました。後者のバージョンは2009年のグラミー賞のレコーディング・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。
Artwork
クイーン&デヴィッド・ボウイ - アンダー・プレッシャー
デヴィッド・ボウイは自分のパートに満足できず、レコーディング・スタジオでマーキュリーと激しい口論を繰り広げたといいます。マーキュリーの死後、ボウイは1995年のアウトサイドツアーの全ライブで、友人と同僚へのトリビュートとして、この曲を演奏しました。
Screenshot videoclip
ピーター・ガブリエル&ケイト・ブッシュ - ドント・ギブ・アップ
この曲は、経済システムによって孤立し、敗北を感じる男の絶望を描いたデュエット曲で、リフレインではケイト・ブッシュが支援と賢明な助言を「歌」で表現しています。この曲はその後、多くの演奏家によって録音されました。他のバージョンには、ミッドウェイ・ステートとレディー・ガガ、ウィリー・ネルソンとシネアド・オコナー、アリシア・キーズとボノが名を連ねています。
Artwork
オジー・オズボーン&リタ・フォード - クローズ・マイ・アイズ・フォーエバー
このパワー・バラードは、ソングライターであるリタ・フォードの商業的な最大の成功を象徴しています。この曲は、アメリカのビルボードチャートでも8位を記録しました。
Screenshot videoclip
ミート・ローフ&シェール - デッド・リンガー・フォー・ラヴ
ミートローフのセカンド・スタジオ・アルバムに収録されているこの曲は、もともとジョン・ヴァーノンとスティーブン・ファーストが出演した1979年のTVシットコム「Delta House」のために書かれたものでした。興味深いことに、「Dead Ringer For Love」はミート・ローフがライブで何度も歌っていますが、ビデオクリップにしか登場しないシェールには歌われませんでした。
Artwork
デヴィッド・ボウイ&ミック・ジャガー - Dancing In The Street
元々はガールズグループのザ・ヴァンデラスが歌っていたこの曲は、デヴィッド・ボウイとミック・ジャガーが録音した有名なバージョンでも大成功を収めています。このバージョンは「ライブ・エイド」運動の一環として考案されたもので、カバーの収益はすべてチャリティーに使われました。
Artwork
ボブ・ディラン&ジョニー・キャッシュ - ガール・フロム・ザ・ノース・カントリー
ボブ・ディランが1962年のイギリス旅行の後、元彼女に触発されて書いた曲です。アルバム「Freewheelin' Bob Dylan」に収録されたソロバージョンもあり、ジョニー・キャッシュとのバージョンはアルバム「Nashville Skyline」に収録されています。
Artwork
ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー - It's Only Love
当初、この曲はブライアン・アダムスだけで録音する予定でしたが、プロデューサーのジョン・カーターがブライアンに、アルバム「プライベート・ダンサー」の制作で忙しいティナ・ターナーのために何か曲はないかと尋ねました。ブライアンには曲がなかったので、ロックンロールの女王とデュエットしたいという希望を伝えました。ティナは「イッツ・オンリー・ラヴ」を聴いて魅了され、この曲は、こうしてデュエット曲として成功したのです。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.