CURIOSITIES

Earworm: 歌が頭から離れなくなる現象とは?

あなたは、ある曲のメロディや歌詞が頭から離れず、嫌でも口ずさんでしまうという経験はないでしょうか。

心配はいりません。このような経験は、約90%の人が週に一度は経験しており、せいぜい、頭の中で絶え間なく繰り返されるメロディーを止められないことに少しイライラする程度です。

長年にわたる科学的研究により、イヤーワームとは何か、その原因は何か、そして考えられる対処法は何かを説明しています。フォトギャラリーをご覧ください。

Freepik
音楽は、私たちが望んでいなくても長い間心に残るもの;それは"earworm "と呼ばれる現象
長年、研究者や学者、心理学者たちは、なぜある曲の音楽が常に私たちの心に響いているのかを不思議に思ってきました。あなたは、ある曲のメロディや歌詞を、嫌でも口ずさんでしまい、その音楽が頭から離れなくなったことがありませんか? 心配することはありません。この経験は、90%の人が少なくとも週に1回は経験しており、せいぜい、頭の中でひっきりなしに繰り返されるメロディを止められないことに少し悩まされる程度です。ここでは、長年にわたって行われてきた科学的研究により、イヤーワームとは何か、その原因や対処法について説明します。
MickaëlG, Wikimedia Commons
なぜ「耳かき」と呼ばれる現象が起こるのでしょうか?
"Earworm "とは、文字通りの意味で、耳に入る虫という意味です。もちろん、これは比喩です。1979年、ドイツの精神科医コルネリウス・エッカートは、キャッチーなメロディーを持つ曲が、頭に入り込んで出てこないことを、まるで実をつけた虫のように表現するために「earworm」という言葉を使いました。
Freepik
心の状態が、イヤーワームの発現頻度を条件づける
音楽心理学者のFreya Bailesが2015年に行った研究によると、不随意なイヤーワームは、列に並んでいるとき、待っているとき、一人でいるときなど、時間を埋める必要がある退屈な瞬間に頻繁に発生すると言います。一方、音楽心理学者のヴィッキー・ウィリアムソンは、ストレスや疲れ、メランコリックな状態、つまり私たちが最も傷つきやすい時に、脳がイヤーワームを受けやすくなることを観察しています。さらに、長い間聴いていなくても、ある曲が心に響くことがあります。これは、ある外的刺激によって、その曲に関連した記憶(人生の特定の瞬間や人物など)が呼び起こされたときに起こります。これが不随意記憶と呼ばれるものです。
Freepik
耳の痛い曲の基本は、主に反復性
歌は、メロディが強迫的に繰り返されると、特に頭に残るものです。実際、メロディが何度も繰り返されると、それは人々にとって日常となります。したがって、繰り返される曲を頭から消すことは難しいのです。だから、ミュージシャンやレコード会社の人たちは、頭に残りやすい効果的なリフレインを作ることが多いのです。
Freepik
耳に残る曲を好むために必要な4つの要素
マーケティング講師のJames Kellarsiは、耳の病気を引き起こすために音楽が持つべき特性として、1.反復性(特にコーラス)、2.音楽パートの単純さ、3.テキストと音楽の不一致、4.リズムとメトリックの不一致を挙げました。
Freepik
イヤーワームは技術のせいではない!?
この現象は1900年代初頭から研究されているため、その主な原因がテクノロジーやスマートフォンで曲を聴くことにある可能性は否定されています。実際、蓄音機やレコードプレーヤーでも耳鳴りは起きていたのです。現代は音楽を聴く機会が多いので、この現象が起こる頻度はむしろテクノロジーによって増加するのかもしれません。
Freepik
イヤーワームは広告に広く使われている
この神経学的な現象は、もちろん広告の世界で最も有名で、消費者の心に入り込むためにキャッチーで反復的なメロディーを使うことが非常に多いのです。実際、消費者は特定の曲を聞くたびに、その音楽モチーフとその曲で宣伝された製品を関連付ける傾向があります。
Freepik
イヤーワームを消す薬はあるのでしょうか?
研究によると、イヤーワームをなくすことに集中すると、さらに悪化させる可能性があります。したがって、変位と呼ばれる2つの潜在的な救済策があります。1..特定のタスクや目標に集中する「一般的変位」、2.別の曲やメロディーを思い浮かべ、前の曲から新しい曲へ注意を移す「特異的変位」。
ゲームとアクティビティ
19/11/2023
アートギャラリー プライベートコレクション
01/12/2023
ハリウッドニュース
02/11/2023
自然界の出来事
29/11/2023
ゲームとアクティビティ
19/11/2023
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.